例のスピーカーの話 TS-Z900PRS / TS-HX900PRS

カーオーディオ

Carrozzeriaから9月発売の新商品の発表がありましたね。

TS-Z900PRS/TS-HX900PRS

TS-Z900PRS|ハイエンドスピーカー|スピーカー|パイオニア株式会社
【パイオニア公式】圧倒的な臨場感と実在感を点音源再生で実現。カロッツェリアのセパレート3ウェイスピーカー「TS-Z900PRS」の特長紹介ページです。

メーカー製品HPが中々良く出来ているので、読んでいるだけで欲しくなるぞこれは。

 

さて、なぜ今回のスピーカーが業界的にも、えらく賑やかなのかと申しますと、

”簡単に3wayに出来て、しかも音がめっちゃ良いから”

 

さて、純正スピーカーでラジオを聴いた時、
コーコーカーカー、モゴモゴと音量上げても何言ってるか聞き取りづらい。
そんな経験ありますよね。

これは、
より低い音を再生しようとすると、スピーカーの径が大きくなり、

スピーカーの径が大きくなると、中高域に”分割共振歪”という濁った音が発生し始める。
という、スピーカーの構造上の問題が要因の一つ。

その為、音を良くする為には、
ツイーター(高域)、ウーファー(中低域)の2つに分けた2way
ツイーター(高域)、スコーカー(中域)、ウーファー(低域)の3つに分けた3way

これらの構成が、ホームでもカーでも、
「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つハイファイオーディオのスタンダードです。

多くの2wayの場合、2.5kHz~5kHz辺りで再生させる帯域を分けているので、
16 ㎝のスピーカーの場合、500Hz 辺りから発生し始め、1kHz 付近から徐々に分割共振が増え、分割共振の多い濁った音になっている。という現実から考えると、
2wayであっても分割共振歪は発生しています。

これより、
”ハイファイ”という方向で攻めるのであれば、フロント3wayは非常に有効です。

 

 

更に、カーオーディオという世界では、
右ハンドル、右側ドアに装着したスピーカーから見てみれば、
俺の音を聴いてるヤツ(リスナー)は左端にいる
これが、また大問題。

今回発表されたTS-Z900PRS/TS-HX900PRSの特性は驚異的過ぎて何の参考にもならないのですが、
一般的なスピーカーは、スピーカー正面から横にズレていく程、高域の音圧レベルが下がっていくもの。

つまり、
たとえ左右のドアについているスピーカーが全く同じ音を出していたとしても、
運転席から見ると、右側のスピーカーの方が、より角度が付いている為、左のドアについているスピーカーから聴こえる音の方が大きく聴こえる訳です。

しかーし、指向性特性とは、”高い音になるにつれて”変化するもの。
要は、低い音なら影響が少ない。ドアから再生させる音を、より低い音に絞れば、この問題は解決しますよね。

 

なので
カーオーディオは2wayから始まり、3wayが最高峰となっているのです。

 

 

せやかて工藤

カーオーディオで3wayにしようと思ったら、
3個*2の6つのスピーカー。それを取付する工賃、それを調整する技術料。

中々かかるんじゃないの。。。?

そうなのです。音は最高ですが、インストール費用がそれなりに掛かります。

 

しかあああし!
今回のこいつは、なんと

同軸コアキシャル。

ツイーターとスコーカーが
”完璧なレイアウト” ”完璧なチャンバー容量”で1体型になっていて、

この大きさ。

やばない?

頭の方に書いた、物理的な話も踏まえて考えると、

これは”カーオーディオでの究極の形”の1つとも言えるのではと思いました。

 

 

車で聴いてこそ真の力が発揮するスピーカーです。

デモカー入れます。お楽しみに。

 

アゴヒゲ白石

お問合せ | 福岡のカーオーディオ専門店 エモーション
福岡のカーオーディオ専門店エモーションへ...

 

 

追記:

橋本親方が語る”詳細な解説”を追加しました。

革命的スピーカー、カロッツェリア TS-Z900PRS、もう少し詳しく解説
これまでのカーオーディオの常識を覆すかもしれない、画期的スピーカーが出ましたね。 カロッツェリア TS-Z900PRS もちろん、エモーションでもこれからどんどん力を入れて、様々な実験検証を行ってまいります。 楽しみにされ...

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました