カーナビは市販品の方が圧倒的に良い。しかも安い。

オーディオレビュー

 

皆さんこんにちは、エモ親方です。

今日、トヨタが新型カローラスポーツなどで進めてきた、ナビの標準装備化を断念し、お客様が店頭で選ぶオプションとするとのニュースが飛び込んでまいりました。

こちらの記事です。

トヨタ「スマホ連携ナビ」拡大展開が招いた不評 | トレンド
トヨタ自動車の新たなカーナビゲーション戦略が揺れている。昨秋からスマートフォンとの連携を前提とした「ディスプレイオーディオ(DA)」の標準搭載に舵を切ったが、消費者や販売店から戸惑いの声が続出。自動車…

 

私が市販カーオーディオを販売している人間だから言うわけでは決してありません。

現場の最前線にいる身として、痛いほど判っているのです。
カーナビは純正と市販では、最早埋められないほどの差がついています。
それもそうでしょう。ナビが標準装備化すれば、それはもう車の機能の一部。コストダウンの波から逃れることはできないからです。

一方、市販ナビは、お客様がお店に来て「これください」と言っていただけない限り売れないものです。
従って、より高機能を目指しますし、より低価格を目指します。

要するに、純正ナビは市場原理が働いておらず、市販ナビは市場原理の下に発展してきたというわけです。

市販ナビが市場原理の中で発展してきたのであれば、市場原理の働きが薄い純正ナビとの差は大きくなるのが当然です。
この差は今後も埋まりません。

ご購入予定のお車が、市販ナビを選択できるものであれば、迷わず市販ナビを選択してください。可能な限り、純正は選ばれない方が賢明です。

タイトルとURLをコピーしました