トヨタ FT86 サイバーナビ +Morel TEMPO ultra602

トヨタ

ブログサイトを最新化した喜びはまだまだ続いております。

快適に更新する為に、様々なアイテムを買い揃えてしまいました。。

Bluetoothキーボード。
折りたたむと、このサイズでトラックパッド付き。

MAC欲しいけど、買ったところで本当に使うのか説と、日々悶々と戦っていたところにコイツを発見して思わずポチポチ。

ポイントをしっかり押さえてあるキーのサイズと、軽さと剛性感の絶妙なバランスがイケてる。
押した感じも良好。寧ろ、この手のヤツではハイレベル。

文字の配列に少々慣れが必要でエンターを空振りますが、そのうち慣れるでしょう。

中々良い商品ですこれ。

ブログをiPadで更新しようとすると
文章の間に文字を入れたい時の手間が面倒で、中々やる気にならないのですが、矢印キーがあれば無敵です。
更にこれなら、どんな体勢でも文を書けるのでヤバイ!

楽しくなって黙々と書き溜めを始めた“しらちゃん”です。こんにちは。

さて本日は、
トヨタ FT86。

Carrozzeria AVIC-CW910-DC
7型ワイドモデルのサイバーナビの取付と
Morel TEMPO Ultra602をインストールしたお話です。

ナビゲーションはサイバーナビDCモデル。

ドコモ回線のWIFIを使えるオンラインの時代に最適な唯一無二のナビです。

今回のモデルから
ワイドモデルも横のベゼルをワイド用に太くしたフルフラット画面なので、
かなりスッキリしていて好みです。

今回は内蔵アンプで駆動するのでマルチ接続にて結線します。

ツイーターは、オンダッシュ。

太陽光下での撮影だったので妙に写りが良いですね。

Morelのオンダッシュブラケットは
どんな車でも割と馴染みますので、”変“な感じになることは殆どありません。

角度も絶妙なところを向いているので、
置く場所さえ間違えなければ反射の影響も少なく、
結果、良い音に仕上がります。

勿論、Aピラーワンオフには敵いませんが
最初の取付は、オンダッシュで安く済ませて
余裕が出来た時にAピラーワンオフに変更。というのも1つの方法ですね。

ドアはインナーバッフルで、防振はPAC1。

スポーツ走行を想定した作りの車は、
ドアの剛性が高い車種が多く、つまりは音響特性が良い車種になります。

その為、しっかりとした取付、しっかりとした防振さえ行うことが出来れば、
想像以上の音まで持っていく事が可能です。

元々装着されていたバックカメラも勿論使えます。

どんな車でも、あるに越した事ないバックカメラ。
車をぶつけるリスクもさる事ながら、
夜のコンビニ等で、人様に迷惑をかけるリスクも下がります。

特に”中見えちゃいやん“なフィルムが濃い車は必須ですね。

インストール終了後、音響調整を施して納車となります。

サイバーナビはマルチ接続が可能なので
他のソレが出来ないナビよりもクオリティの高い音に仕上げる事ができます。

今、ナビを買い換えようかとお考えの方は、1つの候補としてお勧めです。
DCモデルにしておけば、待ち時間や、後ろに乗っている子ども達の時間潰しにも最適。

流石のドコモ回線なので、移動していても
ちょっとした山の中でも、ビュンビュン入るそうです、(お客様談)

快適になる事間違いなしですね。

ご興味あればお気軽にお問合せください。

お問合せ
タイトルとURLをコピーしました