HOME > キャンペーン
CAR AUDIO PRO SHOP EMOTION

スピーカーを変えるだけで、如何に音を良くするか、それを徹底的に研究しました。
その音質向上に、必ず驚いていただけるスピーカー交換プラン
厳選!
スピーカー交換プランのご紹介

新しくなったスピーカー交換プランは、
シリーズも増えて選びやすくなっております。
また新技術も導入!ますます高音質に!

OutlineShape3

エモーションが御提案する
スピーカーを交換するだけで、飛躍的に音を良くするためにはどうしたらよいか。
そのノウハウを全てお教えします。


ナビゲーションやCDデッキが付いているお車にお乗りの方、スピーカーは純正のままでしょうか。聴くに堪えない純正スピーカーではなく、音質の良いスピーカーを変えて良い音を楽しみませんか。


スピーカーを高音質な市販品に交換。
でも同じ価格ならどのスピーカーも音は一緒と言うわけではありません。


良い音のポイントは価格を超えた良い音のスピーカーを探し出すことから!
そして厳選することです。

スピーカー、特にミッドバスなどに用いられるダイナミックコーン型のスピーカーは、1924年にチェスターW.ライスとエドワードW.ケロッグによって発明されてから、その基本構造はあまり変わっていません。
そして他のオーディオ機器、例えばパワーアンプとかオーディオプレイヤーなどと比べて、格段にシンプルな構造をしています。それ故に、技術者の能力とセンスが最も現れやすいオーディオ機器であるともいえます。従って、同じ価格であっても、設計力、メーカーの企業力によって、音質に差が出ます。
一方で、スピーカーは構造がシンプルなだけに、物量を投入したものの方が、音質的には有利となり、“音質は価格なりである”という要素が最も強く出るオーディオ機器でもあります。しかしどなたにもご予算というものがあるでしょう。
という事は、お客様に感動していただきたいなら、そしてどうせ同じお金を使っていただくのであれば、その価格帯の中で最も良い音のスピーカーを厳選しなければならないという事になります。
要するに、あらゆる価格帯で、最も良く出来たスピーカーを厳選する。そうすることによりお客様のご予算を最大限活用することが出来、無駄にしなくてすみます。良いスピーカーは様々な価格帯の中で必ず存在します。それを見つけ出していくわけです。
スピーカーの価格帯を幾つかに分け、その中で最も優れた音質の物を厳選してまいります。


好みと音質は、この際、分けて考えましょう。

更にスピーカーは、設計者が良いと考える音が反映される機器でもあります。
スピーカーを比較試聴されたことがある方であれば、個々のスピーカーの音色の違いはかなり大きなものだという事をお分かりだろうと思います。その違いは他のオーディオ機器よりも遥かに大きなものです。
音質には、情報量とか解像度とか、或は質感とか鮮度などと言われる要素がありますが、こういった要素はより良いに越したことは無く、例えば、FMラジオとAMラジオの音質を比較した際、FMの方が良いのと同じように、絶対的な価値観になります。
ところが、“高音は「シャキーン」と聴こえた方が良い、イイや高音は「自然な感じが良い」”とか、“中音は「はっきりくっきりと人の声が聞こえた方が良い」、イイや中音は「出しゃばらず、色気のある声が聴きたい」”などと言った部分は好みの要素です。
音の好みは音質とは別の次元に存在していると考えます。
何故ならスピーカーは構造がシンプルな故に、設計者の理想が繁栄される、“技術工芸品”的な要素も持っていると言えます。陶磁器などの工芸品を選ぶのと同じように、出来不出来よりも好みを優先するという側面もあるわけです。
スピーカーの好みは聴いてみるまで分かりません。ですので、スピーカーを選ぶ際には、是非、色々なものを聴いてみてからお選びいただくことをお勧めします。
しかし遠方のお客様の場合、お気軽にお越しくださいとは中々言えないでしょう。
それでもご心配は無用です。音楽ジャンルの好みや、どんな楽器の音が好きか、男性ボーカルと女性ボーカルはどちらが好きか、などと言った情報をいただけますと、私たちエモーションは、コンシェルジェ的にお客様の好みにマッチしたスピーカーをお勧めさせていただいております。なにを選んだらよいかわからないという場合は、ご遠慮なくご相談ください。


日夜、試聴に次ぐ試聴で、スピーカーを厳選する!

スピーカーを厳選するというのは、大変な作業です。と言いますのも、スピーカーは最も種類とブランドが多いオーディオ機器です。従って、可能な限り、多くの種類を試聴する必要があります。
メーカーさんに頭を下げて試聴機を貸していただき、連日試聴に次ぐ試聴を行い。
だめだったらメーカーさんに頭を下げてお返しし、貸していただけない場合は自費で購入してテスト。ダメなら格安販売するという、苦闘(楽しい作業)の日々を続けます。
その甲斐あって、いくつかの音の良いスピーカーを選び出すことが出来ました。もちろんこれは、今後も続けてまいりますので、そのラインナップは変化して行くことでしょう。終わることがありません。
エモーションが選び出したスピーカーは、好みの異なる数人の人間で試聴し、時にはエモーションスタッフ以外の方で、音を良く知るエキスパートの方にもご協力いただき、これは価格を超えた音質を持つと判断されたスピーカーのみを厳選しています。従って、ここでご紹介するものは、本当に音の良いスピーカーであると断言できます。
雑誌やインターネットの評価が全てではありません。寧ろ好みと利害の異なる数人のエキスパートが聞いて、最大公約数的に「良い」と判断する製品こそ、本当に音の良いものだと考えます。



エモーションが厳選した優秀なスピーカー


当然ながら、スピーカーは価格による音質差があるオーディオ機器です。従って、いくつかの価格帯に分け、その中で“これは価格を超えている”と判断できるものを厳選しますが、お客様が好みで選べるよう、音色の異なったスピーカーも選んでおります。
価格帯別に厳選されたスピーカーとその特徴を、以下に記します。


エモーション厳選スピーカー・スタンダードクラス1
万円〜万円編

万円台のスピーカーの中で、飛びぬけて音の良いものを選び出しました。不思議なことに、カーオーディオ用のセパレート 2WAYスピーカーには、万円という所にボーダーラインがあるようです。3万円を超えたところで、初めて音楽を感動できる音質で鳴らすことが出来るスピーカーに巡り合えます。ただし有名メーカーであっても必ずしもよい音が作れるとは限らないのが低価格の難しい所なのでしょう。音質を落とさずにコストダウンするテクニックや、音に関係の無い部分には見栄を張らずに安く作る思い切りの良さなどが要求されるのだと思います。厳選すれば、ご満足いただける逸品がこの価格帯にもあります。

モレル MAXIMO 6 モレル MAXIMO 6
ホーム用スピーカーの世界では一流ブランドとしての地位を確立しているモレル。かつては高価なスピーカーしか存在しなかったが、昨今では低価格スピーカーにも力が入っている。 このMAXIMO6は正にモレルが求める世界、即ち“豊かな音場と臨場感”を低価格で実現した傑作と言えるでしょう。
エモーションのMOD,1クラススピーカー、人気NO,1.

カロッツェリア TS-C1730S カロッツェリア TS-C1730S
カロッツェリアの大人気スピーカー、Cシリーズが、2017年にモデルチェンジし、高域特性が飛躍的に伸び、音のバランスがすこぶる良くなりました。 カロッツェリア特有の、ハイスピード、高解像度特性は他を抜きんでており、この価格帯ではトップクラスのリアルな音質を持っています。

アルパイン X-170S アルパイン X-170S
これまでのアルパインスピーカーは、低音も高音も良く伸びているのですが、ともすると中域にエネルギー感が乏しく、人声の説得力に欠けることがありました。 しかしこのXシリーズからは、全く違うメーカーが作ったのではないかと思えるほど、音の方向性を変えてきました。
中域の充実感が違います。ボーカルが高い解像度を伴ってしっかりと響きます。アルパイン渾身のスピーカーだと思います。



エモーション厳選スピーカー・スタンダードクラス2
万円〜万円編

万円から万円のスピーカーを数多く視聴してきましたが、一つだけ飛びぬけたスピーカーがあります。2017 年に発売されたモデルですが、これを最初に試聴した際には、エモーションスタッフの全員が息をのみました。厳選という事で言えば、現在のところこれ一択です。
更にスピーカーの試聴を続け、これに匹敵するスピーカーが見つかれば、またご案内します。

モレル MAXIMO Ultra 602 モレル MAXIMO Ultra 602
エモーションスピーカー交換プランMOD,1でNO,1人気のスピーカー、モレル・マキシモ6の上位モデル、マキシモウルトラ602です。
音色はウエット感があり、それでいて解像度は失わず、音が立体的に鳴ります。特に内蔵アンプの場合でも、その立体感を失わないところが、他のスピーカーとは一線を画すところだと思いました。 音楽ジャンルに得手不得手がなく、しっとりとした女性ボーカルからヘビメタのディストーションギターまで、破綻することなく鳴らします。
カタログ価格5万円と言うのは到底考えられない、素晴らしいスピーカーです。



エモーション厳選スピーカー・ハイスタンダードクラス
万円〜万円編

万円を超えるモデルになると、良いものが増えます。この価格帯ぐらいから、メーカー間のコストダウン力の差があまりなくなるのかもしれません。
この価格帯に良いスピーカーは多いのですが、ここでもやはり厳選です。本当に素晴らしいと思えるものだけを選んでいます。

ウエイブコア EMO-TUNE ウエイブコア EMO-TUNE
デンマーク、WAVECOR社のスピーカーを、エモーションでチューニング(改造)したところ、とんでもない音になってしまいました。このスピーカーのポイントは、 30oツイーターを用いているところです。通常ツイーターは22oから25oが普通なのですが、30o口径となると、少しですがミッドレンジの帯域までカバーできるようになります。これによって損なわれる高域の延びを、 エモーションのツイーターチューニングで改善した上で、中高域をツイーターに任せられるようになったミッドバスの低音域をさらに伸ばす、ベースチューニングも行いました。 こもり感が全くないクリアな音質、それでいて小口径サブウーファー並みの低音が出ます。

カロッツェリア TS-V173S カロッツェリア TS-V173S
初代のV07A以来、このクラスのスピーカーでは最も高い人気を誇ったのが、カロッツェリアVシリーズスピーカーだったと思います。
メーカーが言う「V史上最高音質」というキャッチに偽りはなく、レンジも非常に伸びており、解像度も非常に高くなっています。
過去のモデルでも、内蔵アンプとの親和性が高かったのですが、このモデルからはパワーアンプを装着した際の音質向上が際立っております。恐らく、ハイレゾ再生を意識した上でのモデルチェンジだったと推察します。

ヘリックス P62C ヘリックス P62C
典型的なヨーロピアントーンです。ウエット感があって柔らかく、高域がシャープになり過ぎません。従って、高音が耳に付くのが嫌だとお感じの方には、最もお勧めできるスピーカーです。
また、音楽ジャンルを選ばず、綺麗に再生できる所もこのスピーカーの良さで、女性ボーカルファンの方からテクノ系がお好きな方まで、幅広くお選びいただけます。
特にEDM系の強烈な中低音を再生しても、破綻することなくしっかりと鳴らしてくれるところは、他にはない特徴だと思います。

モレル MAXIMUS 602 モレル MAXIMUS 602
かつてはスピーカーと言えば高能率なものが多かったように思えますが、このところは低音を伸ばしたスピーカーの方が多くなりました。スピーカーは低音を伸ばすと能率が損なわれます。つまり音が小さくなるわけです。
モレル・マキシマスは、高能率スピーカーです。従って内蔵アンプでもよく鳴ります。音色はドライ気味で元気が良く、往年のJBLサウンドを思わせるようなヴィンテージ系の印象があります。
ロック系、ジャズ系、60年代〜80年代ポップス・ロック、こんな音楽を元気に鳴らしたい方や、ホームオーディオにJBLやアルテックのヴィンテージスピーカーをお使いの方にお勧めです。


エモーション厳選スピーカー・アンダーミドルクラス
万円〜万円編

流石にこの価格帯になると、物量が違ってきますので、音質も更に良くなります。
この価格帯辺りからをミドルクラススピーカーと呼んでもいいのではないかと思います。
では逆に万円以下のスピーカーを何クラスと呼ぶのか。
巷ではエントリークラスなどと呼ばれますが、低価格=入門者(エントリー)という図式はあり得ないと思います。低価格のスピーカーを用いて凄い音を鳴らすエキスパートな方もたくさんいるからです。従って万円以下のスピーカーは“スタンダードクラス”と呼ぶ方がしっくりくるのではないでしょうか。
では、低価格なミドルクラススピーカーの、厳選三機種をご紹介します。

カロッツェリア TS-Z172PRS カロッツェリア TS-Z172PRS
このスピーカーは、WAVECOR EMO-TUNEと同様、28oという少し大型のツイーターを用い、クロスポイントを下げ、ミッドバス高音域のこもり感(分割共振歪)を排除することをコンセプトに作られたスピーカーです。カロッツェリアではこれを Open & Smooth コンセプトと言うようです。 音色は国産でありながら極めてヨーロピアン、それもそのはず、高音がシャープだからとヨーロッパで嫌われていた日本製スピーカーを、どうにか欧米のファンにも受け入れてもらいたいという趣旨で作られたものだからです。 従って初代のTS-Z171PRSは、当初、日本以外での販売に限定する予定でした。
低音が極めて良く伸び、癖がなく、非常に聴きやすい音色で、それでいて説得力もあります。内蔵アンプでも良く鳴りますが、パワーアンプとの相性が良いスピーカーです。

OutlineShape10 モレル TEMPO Ultra 602
モレルには、元々TEMPO(テンポ)というシリーズがありましたが、その上位モデルとして誕生したのがテンポ・ウルトラ602です。元からあったTEMPOは無くなりました。 このスピーカーの良さは、とにかく解像度、情報量が高いことです。聞き取れなかった音までしっかりと聞こえるようになります。
また、音色もヨーロピアントーンで刺激が少なく、聴きやすさに優れます。低音も良く伸びておりドアの大きなスピーカーだとサブウーファーが要らないと感じるほどです。 女性ボーカルからメタル、テクノ系、EDM、ジャズなどに持って来いで、クラシックも非常に良い響きで鳴らせるスピーカーでもあります。

ダイヤトーン DS-G300 ダイヤトーン DS-G300
ダイヤトーンの最廉価盤であるDS-G20が廃番となり、DS-G300となりました。この流れからは、G20の後継機と見なされがちですが、私は全く違うと思います。これはG20の延長線上でも何でもなく、全く新しいコンセプトで作られたミドルクラス機だと思いました。
スピーカーは、どこかを強調するとどこかが損なわれるものです。G20の場合、グイグイ前に出るボーカルが特徴的でしたが、反面、低音がやや損なわれる傾向がありました。 このG300では、低音がG20よりも伸び、中域の厚みも損なわれず、バランスの取れた優秀機として登場しています。G20のイメージをお持ちの方はこの音を聴けば、あまりの違いに驚かれるのではないでしょうか。


エモーション厳選スピーカー・ハイミドル〜ハイエンドクラス
ハイミドルクラス〜ハイエンドクラス編

ミドルクラスの上位から、ハイエンドにかけては、価格も仕様も様々ですが、良い音がするスピーカーが圧倒的に増えます。やはり、物量を投入すると、それなりに良くなるものなのだと感じます。
ハイエンド級になると、途方もない価格のスピーカーもありますので、そういったものは、スピーカー交換プランには含んでおりません。
よほど設計に失敗しているようなスピーカーを除けば、どのブランドを選んでも選択における失敗が少なく、確実に良い音に出来ます。
ただし、メーカー側も予算が十分に使えるようになるため、設計者の想いが、低価格帯よりもはっきり出ます。つまり、個々の音色の違いが大きくなるのも、高価格帯の特徴なのだと言えます。

ディナウディオ MD-102 + MW-162 ディナウディオ MD-102 + MW-162
デンマーク、ディナウディオのESOTECシリーズです。 私の知る限り、このスピーカーは20年以上、大きなモデルチェンジをしていないのではないでしょうか。それだけ自信がある証なのだと思います。
ホームオーディオの世界でも大変有名なディナウディオですが、このESOTECシリーズは、ホーム用に使われているものと全く同じユニットです。
音色は、高音の刺激が少ないヨーロピアントーンではあるのですが、意外にもアタック感が強く、音がパーンと前に出てきます。音量も大きく、バスドラムやベースのアタック感を力強く再現し、アコースティックギターの強いピッキングが勢いよく飛んでくるような音です。
(写真のパッシブネットワークは付属しません)

OutlineShape12 ダイヤトーン DS-G500L
ダイヤトーンのハイミドルクラススピーカー、この価格帯では最も高情報量で音の響きも抜群です。
エモーションでも非常に高い人気があり、これまで多くの方にご提供させていただきました。
国産スピーカー特有のハイスピード、高解像度型で、とことんリアルさを狙った感じです。それでいて、低音の厚みも十分で、バスドラムのアタックが揺れている音などが、低音域にあっても詳細な表現力を崩しません。 スピーカー交換プランでご提供するのはパッシブレスのDS-G500Lです。しかしユニットは全く同じものです。

レインボウ GL-C6.2 レインボウ GL-C6.2
レインボウはドイツのブランドです。本国では純正トレードイン型のスピーカーからハイエンドのスピーカーも多くラインナップします。
音質は、レンジが広く、低音から高音まで非常に良く広がっています。それでいて中域のエネルギー感も失ってはおらず、質感も高いスピーカーです。
この音色をどう表現したらよいのでしょう。最もぴったりの言葉は「温故知新」。70年代ディスコミュージックや80年代ポップス、もっと古くは60年代のロックなどを、当時の雰囲気のまま聞かせてくれます。オールドファンには涙が出るようなスピーカーでしょう。それでいて音の質感はあくまで現代的。まさしく温故知新という言葉がぴったりです。

フォーカル 165W-RC/ACTIVE フォーカル 165W-RC/ACTIVE
フランス、フォーカルの、ユートピアシリーズにおけるハイミドルクラスです。ユートピアシリーズには超ド級のハイエンドスピーカーも存在しますが、これはハイエンドシリーズであるユートピアの中で、最も廉価なものです。
音質は極めて「美音」、ヨーロッパのメーカーでありながら、日本製のようにハイスピードで、世界中に多くのファンを持ちます。どの帯域も極めてクリアな上、聴き辛さが全くなく、非常にスムーズです。どんな音楽ジャンルであってもクリアに鳴らすことが出来ます。 美しい音に浸りたい方には特におすすめです。また音色の美しさからは容易に想像できませんが、ヘビメタ系もすこぶる得意です。

カロッツェリア TS-Z1000 RS カロッツェリア TS-Z1000 RS
カロッツェリアの最高峰、RSシリーズ、
私が最も信頼するスピーカーの一つです。その理由は、どんな好みを持つお客様であっても、間違いなく、感動していただける音にすることが出来るからです。
音質は、カロッツェリア伝統の“ハイスピード&高解像度”それが究極にまで高められています。それは即ち、究極のリアルさを表現できるという事につながります。
音色はピッカピカに磨き上げられたスポーツカーや金管楽器の輝きを連想させる艶を持ち、豊かな余韻や大きな音場の中に、くっきりと浮かび上がる定位感を得意とします。
発売からもう随分経ちますが、いまだに色あせない魅力を持ったスピーカーだと思います。




スピーカーの性能を十分に引き出すために、車の問題点を知る

スピーカーはただ取り付けただけでは良い音になりません。
車を音響空間に変える加工を行ってはじめてその性能を発揮できるようになります。

“カーオーディオの音質は取り付けのクオリティ―で決まる”
20 年以上前から言われ続けておりますが、いまだ完全には浸透しきれていない言葉のようです。
そもそも車は、スピーカーを良い音で鳴らすように作られているわけではありません。
そのような環境でスピーカーをただ取り付けただけで鳴らすと、いろんなところから共振音が出てきます。
音楽の低音やリズムに合わせて「ミシミシ」とか「バキバキ」という、いわゆる“ビリ付き”であれば、まだわかりやすいのですが、ドアの内張りや鉄板が、スピーカーと共振して同じ音を出してしまう事の方が圧倒的に多く、車室内で音楽を聴いている人は、それとは気付かず、単に「音が濁っている」と判断してしまいます。判りやすく言うと、ドア内張りや鉄板が、“濁った音を出すスピーカー”と化してしまう現象です。これはビリ付きよりも音を悪くする原因となっています。
従って、スピーカー以外のところから、出来るだけ音が出ないようにする加工が必要です。
エモーションでは、特に取り付けする行為以外の、音を良くするために行う車両側の加工を「音響加工」と呼んでおります。

音響加工 ドア

また、スピーカーの前から出る音と、後から出る音は位相が逆になっています。判りやすく言うと、プラスとマイナスが常に逆とお考えいただいて結構です。
スピーカー前後の音が混ざりあうと、打ち消しあいが起こり、音がなくなります。
この事をキャンセリングと言います。
キャンセリングを起こさせないためには、スピーカー前後の音を完全に遮断してやる必要があります。

バッフル説明 エンクロージャー説明
このようなスピーカーの性質と、車の車両特性を考え、エモーションでは、例え安価なスピーカー交換プランであっても、以下のような音響加工を行っております。



スピーカー交換プランで行われる音響加工

エモーションは、低価格なスピーカー交換プランでも、
手を抜かず徹底した音響加工を行います。
それが、お客様が良い音を手に入れられる最良の方法です。

(長文がお好きでない方は、太字のみを読んで行かれても結構です)


ドア防振 スーパースタンダード

最も低価格、且つ効果的なドア防振(デッドニング)とは何かという事をテーマに考えられた防振です。

ドア防振の目的は、ドア鉄板や内張に音を出させない事です。

わりとよく誤解されているのですが、ドア防振は、ドアのビリ付やサービスホールを塞ぐことだけが目的ではなく、鉄板から出る共振音を止めることが最大の目的です。
鉄板は、共振させられると「ウォ〜ン」という感じの不快な共振音を出します。
オーディオを聴いている人は、それをスピーカーから出る音として認識しますので、音が濁っているように感じてしまいます。
ドアの振動を停めることは大変困難ですが、振動しても音を出さないようにすることは比較的容易です。
それを行う施工が、ドア防振です。

ドア防振とは、一般的には「デッドニング」と呼ばれますが、デッドニングの本来の意味は、車全体の静粛性を高めることを指します。もちろんこれにはドアのデッドニングも含まれますが、意味が広く、厳密には「ドアデッドニング」と言わなければならなくなります。ドアの振動や振動によって発生するノイズを下げ、スピーカーの音質をよりピュアにする行為を「ドアダンピング」と呼びます。これを意訳すれば、「ドア防振」となりますので、エモーションでは、一般にデッドニングと言われる行為をドア防振と呼びます。

効果の高いドア防振を実施するなら、次の二点が重要になります。


より効果の高い防振材を使う

徹底して密着度を上げる


効果が高いと言われている防振素材を種類テストし、その結果群を抜いて抜群の効果を発揮したのは、STP社製、AERO という防振材でした。
スピーカー交換プランのドア防振、スーパースタンダードには、現在のところ、最高品質であろうと思われる、STP AERO を用いています。
STP AERO
また、密着度を上げるためには、まずシリコンオフを用いて、ドアの油分を徹底的に取り除いたのち、ヒートガンで温めながら、小型ハンマーで小さな打痕を密に打ち付けるという手法で、防振材を張り付けていきます。
加熱しなくても良いとされるSTP AEROですが、ヒートガンで加熱することで柔らかくなり、密着度が増します。
また、良く用いられるローラーによる圧着ではなく、ハンマーで叩くという行為は、叩くことによって一瞬だけ発生する熱が、防振材をまるで塗装したかの如く張り付けることに役立つからです。
ドア防振 スーパースタンダード
このように、徹底した密着と、厳選した防振素材により、低価格なドア防振でも、抜群の効果を発揮するようになります。

※ビギニングシリーズにはドア防振が含まれておりません。



スピーカーフローティングマウント

スピーカーの振動を可能な限りドア鉄板に伝えないために、オリジナルインシュレーターを用いた点接触装着。

ドアは鉄板で出来ており、そして鉄はスピーカーを支える土台として甚だ不適切です。
そこで、音響特性に優れた「バッフルボード」を介在してスピーカーを装着するのですが、スピーカーから発せられた振動は、バッフルを伝わって鉄板を振動させます。その振動から雑音を発するのを防ぐ行為がドア防振ですが、鉄板に出来るだけ振動を伝えないという行為も、また重要となってきます。

振動を伝えにくくするには、面接触ではなく、点接触

通常、ドア鉄板にインナーバッフルを装着すると、「面で接触」されます。これだと接触面が大きくなるので、振動が伝わり易くなります。出来るだけ接触面積を少なくするため、インナーバッフルのビス穴にワッシャーを装着し、oほど鉄板から浮かせます。
こうすることで、スピーカーの振動を可能な限り、鉄板に伝わりにくくすることができるというわけです。
しかし、バッフルを浮かせることで隙間ができます。
スピーカーは前後の音が干渉すると、低音がなくなる“キャンセリング”が発生します。たとえ2oの隙間であっても、キャンセリングによる低音の劣化は大きいので、ここを塞がなければなりません。
そこで、この隙間を音波透過性ゼロ、振動の伝達ゼロの、特殊なシーリング材を用いて隙間を塞ぐことで、キャンセリングをゼロにします。

偶然見つけた、超制振金属

偶然からですか、アルミを母体とした合金で、振動をかなり伝えなくする素材を見つけました。輸出規制がかかっていたため、大量に取り扱うことはできませんが、それでも小さなワッシャー状に加工して使用するのであれば問題はありません。
これをインシュレーターとしてドアバッフルと鉄板の間に装着し、バッフルと鉄板を“点接触”とすることで、振動の伝達を可能な限り低減しております。

スピーカーフローティングマウント スピーカーフローティングマウント 詳細

※ビギニングシリーズには適用しておりません。


スピーカーケーブルの交換、ドア内までの配線

低品質な(オーディオ用ですらない)車のスピーカーケーブルではなく、新たに音質専用のオーディオクオリティスピーカーケーブルを引きなおします。

スピーカーケーブルも“厳選!”

スピーカー交換プランとは、カーオーディオの音質向上を望まれるお客様の最初の一歩である場合が多いですので、可能な限り安く提供する必要があります。ただし、手を抜いて安くしては、絶対に良い音はできません。
そこで、スピーカーケーブルも“厳選”しております。
1mあたり、500 円以下のケーブルをたくさんそろえ、すべて長さを均一にし、一つ一つ、繋ぎ変えながら試聴していきます。
価格帯が同じのスピーカーケーブルによる音の違いは僅かです。
どれもこれも似たようなものばかりで、正直言ってどれでもいいのではないかとさえ思えてきた時に、頭二つ分抜けて音の良いケーブルを見つけました。
恐らく、低価格スピーカーケーブルの中ではベストの一つだと断言できます。

カナレ電子の4S8です。
CANAER 4S8 スピーカーケーブル

これを、ドアの中までしっかりと配線します。出来る限り一本物でナビやパワーアンプからスピーカーまで直接配線したいからです。
車に元から引かれている純正のスピーカーケーブルの質が極端に悪い分、ケーブルを引き換えた時の効果は絶大です。
純正から変えた時は、目の前の霧が晴れた時のような、音質向上を感じさせてくれます。

※ビギニングシリーズには適用されません。
※バイワイヤリングなしのタイプはドアの手前までで純正配線へと接続します。


ドア内張り・ドア鉄板間への音漏れ防止

スピーカーの音を最も悪くさせる、ドア内張りとドア鉄板の隙間への音漏れを徹底的に防止します。

スピーカーをインナーバッフルで装着する、つまり、ドアの見た目が変わらないようにする装着方法の場合、スピーカーはドア内張りの中に存在します。

スピーカーの前から出た音は、ドア内張りのスリットを抜けて車室内へと放出されますが、一部がドア内張りと鉄板の間に侵入します。

実は、これが音質劣化の大きな原因になっています。
インナーバッフル
国産メーカーはこの事を良く知っていますので、販売しているインナーバッフルには、遮音用のスポンジが付属していますが、非常に安物で、音が通り抜けてしまいますので、完全な遮音は無理です。しかも厚みが一種類のため、内張とドア鉄板の間隔が大きい車種だと隙間もできてしまいます。

エモーションでは、音波透過性ゼロのダイポルギー遮音材を
内張とバッフルの遮音に用いております。

ダイポルギー遮音材

スピーカー周囲にダイポルギー遮音材を張り付け、ドア内張りとドア鉄板の間に音が漏れないようにする加工は極めて重要です。これを行うか否かによって、音質には大きな差が出ます。
従いまして、エモーションではスピーカー交換プランの全システムに、この加工を採用しております。


バイワイヤリングシステム(バイアンプシステム)

純正ナビや、クロスオーバー機能のないナビの音質を飛躍的に向上させるバイワイヤリング(バイアンプ)システムの開発。

2017 年現在、フロント 2WAYシステムをマルチアンプで構築できるナビは、ダイヤトーン・サウンドナビのプレミアムモデルと、カロッツェリア、サイバーナビの CZCWCL、シリーズ以降しかありません。
ナビ以外だと、カロッツェリアのヘッドユニットや、各メーカーのデジタルプロセッサーなどは、フロント 2WAY以上のマルチシステムが組めます。

デジタルプロセッサーに関して、また、 2WAYクロスオーバーやタイムアライメントに関して詳しくお知りになられたい場合は、エモーションHPコンテンツ、デジタルプロセッサー徹底解説を参考にされてください。

何れにしましても、カーオーディオに限って言えば、フロントの 2WAYスピーカーをパッシブネットワークで通常の配線方法で接続する場合よりも、ツイーターやドアミッドバスなど、個々のユニットが独立して調整できるマルチシステムの方が、より高音質に出来ることは言うまでもありません。ところが、

多くのナビが、タイムアライメント機能を持ちますが、
2WAY マルチシステムにする機能は持ちません。

タイムアライメント機能は、デジタルプロセッサーの機能の中でも、最も重要なものです。これがあるのとないのとでは、雲泥の差が生じます。
しかし 2WAYマルチシステムでなければ、個々のユニットが独立したタイムアライメント調整ができません。

バイワイヤリングシステムにすることによって、2WAYマルチシステムができないナビでも、個々のユニットのタイムアライメントを独立調整できるようになります。このメリットが極めて大きい。


問題は、バイワイヤリングにすると、リアスピーカーが鳴らせなくなるというところです。


リアスピーカーが要らない理由

ステレオ再生と言えば 2 本のスピーカーで作り出すバーチャル音響空間の事です。ですからホームオーディオもヘッドフォンも音の出口は左右の二つのスピーカーしかありません。
しかしなぜか、カーオーディオだけがリアにもスピーカーを付けた 4 スピーカーシステムとなっています。
この理由は詳しく説明しませんが、世間でよく言われているような臨場感を増したいためなどという理由ではなく、車メーカー側の都合のようです。

畳くらいの大きさの部屋に、ホームオーディオが 1 セットあった場合、スピーカーの近くで聴いている人と離れて聴いている人がいて、離れて聴いている人のために、スピーカーがもう 1 セット必要でしょうか。普通は必要ありません。

車室内は 6 畳間よりも圧倒的に狭く、フロントスピーカーだけでも十分に音が広がります。

また、リアスピーカーがあることによって、せっかくフロントスピーカーを良いものにグレードアップしても、リアスピーカーの相互干渉で音質が劣化してしまいます。

リアスピーカーの使用は、ミニバンなどの大きな車にたくさんの人が乗る場合や、アルパイン・ビッグ X のダブルゾーンを使用される場合などに限定されます。
その際にも、ON OFF スイッチを付けて、いつでもフロントのみに切り替えできるようにしておいた方が、良い音をがっつり楽しみたい時には便利です。

フロント 2WAY マルチシステム機能がないナビに、
全スピーカーユニット独立でタイムアライメント調整ができるようにする方法が、
バイワイヤリングです。
また、非力な内蔵アンプの 4 チャンネル出力を全てフロントに入れることによって、
パワーも上がります。

タイムアライメント機能のない純正ナビであっても、
バイワイヤリングにするメリットは非常に大きい。

バイワイヤリングシステムを構築するためには、ツイーターの低音をカットするフィルターと、ミッドバスの高音をカットするフィルターが必要です。
エモーションでは、それを独自開発し、スピーカーの特性に合わせ、 Type1 から Type6 まで、6種類をそろえております。
使用パーツには、スピーカーに付属するパッシブネットワークよりも高品質なものを用いていますので、ただ交換するだけでも、大きな音質向上が得られます。
エモーション設計バイワイヤリング用パッシブネットワーク


通常の接続とバイワイヤリング接続の違い

通常の接続

バイワイヤリング接続
バイワイヤリングにすることによって、次のような効果が得られます。

・フロントの全てのスピーカーユニットが独立してタイムアライメント調整できるようになり。音質が大きく向上し音がよりリアルになります。

チャンネルのナビ内蔵アンプを全てフロントスピーカーに入力することで、プアな内蔵アンプのパワーが改善され、音の躍動感が増します。


スピーカー交換プラン、つの提案

スピーカー交換プランでは、ご使用されているナビ、ヘッドユニット、或はデジタルプロセッサーの機能により、つのタイプをご用意しております。


バイワイヤリング

基本的に、どんなナビでも選択可能ですが、タイムアライメントはあるけど、2WAY クロスオーバーがない場合に最も効果を発揮するタイプです。

無論、純正ナビなどのタイムアライメントのないナビであっても、チャンネル内蔵アンプを全てフロントスピーカーに投入することにより、音質が向上します。

昨今のスピーカーは、バイワイヤリング(バイアンプ)対応のパッシブネットワーク搭載の物が増えておりますが、より高音質で信頼性の高い、エモーション設計のパッシブネットワークの方をお勧めします。


マルチタイプ

2WAYマルチシステム+サブウーファーが構築できるクロスオーバーネットワークを搭載したナビ、ヘッドユニットをお使いの場合に最適です。2017年現在、以下のモデルです。

・カロッツェリア サイバーナビ 2016年モデル以降(700シリーズは除く)
・カロッツェリア CDメインユニット DEH-6400 DEH-970 DEH-P01
・カロッツェリア AVメインユニット FH-9300DVS FH-9200DVDなど
・ダイヤトーン サウンドナビプレミアムモデル

また、外付けのデジタルプロセッサーを装着されている方も、このタイプがお勧めです。
バイワイヤリングなし
基本的に、どんなナビでも選択可能です。
通常の接続でスピーカーを取り付ける場合がこれに当たります。
お安くなりますので、ご予算の少ない方にはお勧めですが、ナビの機能を最大限生かせなくなりますので、音質は普通です。
また、ドアへのスピーカーケーブルの配線は行わず、途中で純正配線に接続します。
ビギニングシリーズにはこのバイワイヤリングなしタイプが適用されます。



最高レベルのサウンドチューニング

スピーカー交換をする際、今お持ちのナビに適切な調整機能が付いていれば、それをその時点で出来る完璧な音質調整を施してお渡しいたします。


ホームオーディオやプロ用オーディオなどのスピーカーを設計している技術者がどんな音を目指してスピーカーを作っているのか。
もちろん、良い音を目指すことに変わりはないでしょう。

2WAY  3WAY などの、マルチウエイスピーカーを設計するとき、ほぼ全ての技術者が、目指している音の出方は "点音源" ポイントソースと言います。

ポイントソース


点音源、ポイントソースは、すべてのスピーカーユニットが音響的に完全に繋がると、低音から高音まで、すべての音、楽器音が、一か所から聴こえてくる状態の事を言います。

この状態が、そのスピーカーユニット、オーディオシステムで発揮できる、最も高情報量、高解像度、そして最高音質の状態となります。

全てのスピーカーエンジニアが目指しているのがこの状態ならば、私達カーオーディオ技術者は、音響加工とデジタルプロセッサーの調整を用いて、これを目指さなくてはなりません。

ポイントソース出現位置

エモーションは、早くから点音源、ポイントソース調整の重要性を訴え続け、また自身のスキル向上のための訓練も長く積んでおります。

今お持ちのナビゲーションにスピーカーを交換するだけのシステムであっても、これまで蓄積してきた音質調整のノウハウを惜しまず用いて、高音質を実現します。

以下、参考までに、サイバーナビ2017年モデルの調整画面をご紹介します。
フロント2WAY + サブウーファー マルチ接続クロスオーバーネットワーク 0.34cmステップ、タイムアライメント 31バンド左右独立、サブウーファー独立イコライザー
カーオーディオのスピーカーは、良いもの、高価なものを、ただ取り付けただけでは良い音になりません。
効果的な音響加工を車に施し、適切な音質調整、サウンドチューニングを行って、初めてスピーカーはその能力を発揮します。
ですから、安くするための手抜きや、高効率化は絶対に出来ません。
しかしお客様にお安くご提供するのがスピーカー交換プランのコンセプトです。
エモーションのスピーカー交換プランは、
徹底的に手の込んだスピーカー交換を、格安で行っているのです。


エモーションでは、音が良くなる工夫やテクニックを、
ふんだんに用いたスピーカー交換を提案しています。
ただ、スピーカーを交換しただけの場合とは全く異なる音質を発揮できます。
エモーションでは、
それを、お安くご提供させていただいております。




スピーカー交換プランの全貌

お待たせしました。それでは、エモーションスピーカー交換プランの、全貌をご紹介します。スピーカーの価格帯別に、MOD,1MOD,2MOD,3、プレミアム、スーパープレミアムに分けてご用意しております。更に、取り敢えず、低価格でスピーカーだけ入手し、簡単に取り付けされたい方のためのプラン“ビギニング”も用意しております。
全て、スピーカー代、音響加工費、取り付け費、調整料込みの金額です。


MOD, 1 MOD,2 MOD,3(スタンダードクラスのスピーカー)
MOD,1(モッド・ワン)は3万円台のスピーカーを、MOD,24万円〜5万円のスピーカーを、MOD,35万円台後半〜6万円台スピーカーを用いた交換プランです。
どのスピーカーをお選びいただいても MOD ごとに同じ料金です。
今お持ちのナビやご希望に合わせ、
・バイワイヤリング
・マルチ
・バイワイヤリングなし
 3 種類がお選びいただけます。

プレミアム(ミドルクラス、普及価格帯のスピーカー)
万円から 8 万円のスピーカーを用いた交換プランです。
バイワイヤリングやマルチなど、方式の違いがあっても、価格は同じです。

スーパープレミアム(ハイミドルクラス〜ハイエンドクラスのスピーカー)
スピーカーごとに価格が異なります。また、バイワイヤリングやマルチなど、方式の違いによる価格の違いはありません。


※  ツイーターはオンダッシュかオンAピラーマウントがお選びいただけます。
※  純正位置取り付けは追加料金が発生します(2,000円〜5,000円)
※  これらのスピーカーは車種によってはインナーバッフルでは装着できないことが
    あります。
※  お車の構造によっては、スピーカーケーブルをドア内部に配線できない場合が
    あります。その際は料金から2,500円値引きさせて頂きます。



MOD,1
バイワイヤリングの場合、通常価格89,000円〜105,000円を¥76,100 (税別)

マルチの場合、通常価格84,000円〜98,000円を¥69,900 (税別)

バイワイヤリング無しの場合、通常価格79,000円〜95,000円を¥64,900 (税別)

※バイワイヤリングなしの場合、スピーカーケーブルのドア内への配線は行いません。

全て、スピーカー代、音響加工費、音質調整料、取り付け費込みの価格です。

〜〜〜〜〜〜〜以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます〜〜〜〜〜〜〜
MOD,1 スピーカー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このプランに含まれる音響加工、音質調整〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
音響加工 ハイレベル音質調整 エモーションリニアリアリティサウンドチューニング


MOD,2

バイワイヤリングの場合、通常価格89,000円〜105,000円を¥86,100(税別)

マルチの場合、通常価格84,000円〜98,000円を¥79,900(税別)

バイワイヤリング無しの場合、通常価格79,000円〜95,000円を¥76,800(税別)

※バイワイヤリングなしの場合、スピーカーケーブルのドア内への配線は行いません。

全て、スピーカー代、音響加工費、音質調整料、取り付け費込みの価格です。

〜〜〜〜〜〜〜お選びいただけるスピーカーは次の一機種になります。〜〜〜〜〜〜〜
MOD,2 スピーカー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このプランに含まれる音響加工、音質調整〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
音響加工 ハイレベル音質調整 エモーションリニアリアリティサウンドチューニング


MOD,3

バイワイヤリングの場合、通常価格89,000円〜105,000円を¥96,100(税別)

マルチの場合、通常価格84,000円〜98,000円を¥93,000(税別)

バイワイヤリング無しの場合、通常価格79,000円〜95,000円を¥91,700(税別)

※バイワイヤリングなしの場合、スピーカーケーブルのドア内への配線は行いません。

全て、スピーカー代、音響加工費、音質調整料、取り付け費込みの価格です。

〜〜〜〜〜〜〜以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます〜〜〜〜〜〜〜
MOD,3 スピーカー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このプランに含まれる音響加工、音質調整〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
音響加工 ハイレベル音質調整 エモーションリニアリアリティサウンドチューニング



スピーカー交換プラン プレミアム

<通常価格15万円〜18万円 バイワイヤリング有、無、マルチのいずれも

¥125,000(税別)


全て、スピーカー代、音響加工費、音質調整料、取り付け費込みの価格です。

〜〜〜〜〜〜〜以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます〜〜〜〜〜〜〜
プレミアム スピーカー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このプランに含まれる音響加工、音質調整〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
音響加工 ハイレベル音質調整 エモーションリニアリアリティサウンドチューニング



スピーカー交換プラン スーパープレミアム
全て、スピーカー代、音響加工費、音質調整料、取り付け費込みの価格です。

〜〜〜〜〜〜〜以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます〜〜〜〜〜〜〜
スーパープレミアム スピーカー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このプランに含まれる音響加工、音質調整〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
音響加工 ハイレベル音質調整 エモーションリニアリアリティサウンドチューニング



スピーカー交換プラン ビギニング
スピーカー交換プランのご予算が少し足りない方や、取り敢えず、スピーカーだけを購入し取り付けをしておきたいという方のために、音響加工を最小限に設定したビギニングプランをご用意しております。スピーカーは、スタンダードクラスのMOD,1MOD,2MOD,3と同じ。一般的に「スピーカーを交換する」と言われているものに当たります。
bigining MOD,1 bigining MOD,2 bigining MOD,3 音響加工、音質調整

スピーカー交換プランのご注意事項

全てのプランにて、下記のご注意点がございます。

※  ツイーターはオンダッシュかオンAピラーマウントがお選びいただけます。
※  純正位置取り付けは追加料金が発生します(2,000円〜5,000円)
※  これらのスピーカーは車種によってはインナーバッフルでは装着できないことが
    あります。
※  お車の構造によっては、スピーカーケーブルをドア内部に配線できない場合が
    あります。その際は料金から2,500円値引きさせて頂きます。


エモーション 視聴用スピーカー


エモーションでは、スピーカー交換プランのために厳選された、
ほぼ全てのスピーカーを試聴できます。

お好きな音源をたくさんお持ちになり、是非エモーションへ試聴にお越しください。
ご来店が困難な方、遠方にお住いの方などは、ご遠慮なく、お問い合わせください。
あなたに合ったスピーカーを、対話を通じて見つけ出すお手伝いをさせていただきます。


スピーカー交換プラン オプション

スピーカー交換プランには、様々なオプションがあります。どれも音質向上効果抜群のオプションですので、ご予算にもう少し余裕がおありのようでしたら、是非お勧めいたします。


ドア防振PAC1(パック・ワン)

スピーカー交換プランで用いられるスーパースタンダードよりも一歩踏み込んだドア防振です。
そもそも、カーオーディオの世界でドア防振というものが重要だと認識され始めたころより、エモーションが提案してきた防振の、もっともシンプルな形がこの PAC1 でした。
この PAC1 から、費用をさらに低くするために、どこまで落とせば何とか及第点に達するかというテーマで開発したのがスーパースタンダードです。
従いまして、PAC1 の方がより高音質になります。
スピーカー交換プランのドア防振を PAC1 にグレードアップされる場合、通常の料金は、PAC1  39,000 円、スーパースタンダードで 25,000 円ですので、その差額、14,000 円の追加で可能です。
ドア防振PAC1


軽自動車専用ドア防振K-PAC1

軽自動車専用のドア防振です。
軽自動車は、ドアの形状が普通車と比べると非常に音響特性が悪く、同じシステムをインストールしても、普通車より音質が劣ることが大きな問題でした。問題は軽自動車のドアにあり、容積が4リッターから5リッター程度しかなく、しかも鉄板は薄くドア内張りがペラペラで、スピーカーの音に共振すると、ドア内張り全体がもう一つのスピーカーとして歌い始めます。それは非常に濁った音で、スピーカーの音を大きく劣化させます。
エモーションでは、社員、家族、それに代車などの軽自動車を使って、どんな防振素材をどう使えばいいかを徹底的に研究し、効果的な軽自動車ドア内張りの無音化を達成しました。スピーカー交換プランに標準の“スーパースタンダード”に、ドア内張りの防振を加えることで、軽自動車特有の音の濁りを低減することに成功しています。
これを軽自動車専用“K-PAC1”と名付け、PAC1 と同じ 39,000 円で発売することにしました。スピーカー交換プランからのグレードアップは 14,000 円です。

軽自動車専用ドア防振 K-PAC1


スーパーインナーバッフル

スピーカー交換プランは、MOD,1MOD,2MOD,3 において、インナーバッフルはカロッツェリア製のインナーバッフルを標準としていますが、エモーションで製作するスーパーインナーバッフルに変更されますと、音質はもう一ランク上がります。
インナーバッフルの究極性能を狙い、素材には通常の MDF よりも重く、硬く、内部損失が高く、音響特性と耐水性に優れた“スターウッド”を用いています。
また、ドア内張りの中に、限界まで大きく寸法を取るため、重量が増し、スピーカーを固定する能力が向上するため、音の立体感や音離れが向上し、音場感、定位感が向上します。
通常料金 20,000 円、スピーカー交換プランとの同時施工で、14,500 円にてご提供いたします。
※プレミアムとスーパープレミアムには標準です。

スーパーインナーバッフル


ツイーター A ピラーワンオフマウント

スピーカー交換プランの場合、ツイータースタンドが付属の物は、オンダッシュマウントか、オン A ピラーマウントがお選びいただけます。またツイータースタンドがない物は、ピラーか純正パネルにフラッシュマウントされます。更に、車に装着されている A ピラーパネルを一体形成することで、より高音質化することができます。
ツイーターを A ピラーワンオフマウントにするメリットには次のようなものがあります。

・最適な高さに設置できる。
・最適な角度をつけることができる。
・反射面(前面ガラス、サイドガラス、ダッシュボード)から十分に離すことができる。

特に、反射面から僅か数センチでも多く距離をとれることは、ツイーターの音質向上にとって極めて有利です。
ご予算に余裕があるようでしたら、出来ればツイーター A ピラーワンオフマウントはお勧めしたいところです。
通常料金 40,000 円、スピーカー交換プランと同時施工の場合は 39,000 円です。

ツイーター A ピラーワンオフマウント


ベストアングルツイーターピラーマウント

ツイーターピラーワンオフマウントをご希望されても、どうしてもご予算を超えてしまわれる方のために、ベストアングルツイーターマウントをご用意しております。
一時期中断しておりましたが、新しい工法で復活いたしました。
見た目の美しさでは A ピラーワンオフマウントには敵いませんが、音質面ではほとんど同じです。
価格は 30,000 円ですが、スピーカー交換プランとの同時施工の場合、 29,000 円でご提供します。



※参考 理想的なツイーターの角度

理想的なツイーターの角度

左右方向の角度は、運転席、助手席の中間にツイーターの軸上 0°を向けます。こうすることで、運転席から見て、ツイーターは左右とも軸上 15°付近で同じ角度になります。
左右対称、同角度というのが非常に重要で、これにより、左右ツイーターの位相ずれが最も少なくなります。また、ガラス、ダッシュボードなど、すべての反射面から 5cm 以上離れるよう設置することで、反射の影響をかなり低減できます。
高さは、平均的な座高の人の口の位置くらいを目安にしますが、小型の車は低め、大型の車は高めに設定します。


その他必要となる可能性のある費用

エモーションでは、高級車であるとか、輸入車であると言った理由だけで、追加料金を請求することはございません。

しかしながら、車種によっては存在する、取り付けが困難な部位や、新たな加工が必要な場合などには、追加料金が発生することがございます。必要に応じ、加工部位、作業困難部位に関して追加料金が発生いたします。

そのいくつかを以下にご提示しておきますので、参考にされてください。
(価格は全て税別表示です)


〇ドア内へのスピーカーケーブルの配線

バイワイヤリング無しプランと、ビギニングを除くプランでは、基本的にスピーカーケーブルをドア内へ配線いたします。しかし中には、ドア内へのケーブル通しが非常に困難な車種も存在します。そのような場合、追加料金が発生する場合もございます。最も単純なもので 5,000円から。最も困難なものだと 25,000円くらいかかる場合もありますが、こういった車両は稀です。ほとんどの場合、10,000円以下の追加で済みます。
また、追加料金を支払ってまでドア内へ配線する必要をお感じになられないお客様の場合、ドア手前で純正スピーカー配線へと接続いたします。その場合、プラン、車種を問わず、2,500円値引きさせていただきます。


〇ナビ、ヘッドユニット周りの脱着費用

スピーカーを交換するには、今お使いのナビを脱着する必要がございます。その際、極端に取り外しが困難な車両に関しては、追加料金が発生いたします。但しこれはほとんどの場合、5,000円以下です。


〇メーカー製インナーバッフル適合なし車

スピーカー交換プランに用いられるインナーバッフルは、カロッツェリア製5シリーズが標準です。これを 6 シリーズにグレードアップされる場合はバッフルの価格に関わらず、一律 4,500円の追加となります。但し中にはバッフルの設定がない車種もございます。
その場合は当店の“スーパーインナーバッフル”以外に選択の余地はなく、追加料金は 14,500円となります。(寧ろこの方が音は良くなります)


〇ツイーターの純正位置取り付けをご希望される場合

概して、純正ツイーターのサイズは小さく、市販品のツイーターの方が外寸は大きいのが一般的です。純正のツイーター取り付け位置は、純正ツイーターのサイズに合わせてあるため、市販のツイーターを取り付けるには加工が必要となる場合があります。
無論、全てではなく、加工が必要となる場合のみに追加料金が発生いたしますが、大体 8 割くらいの車種で、追加費用が必要となる場合の方が多いようです。
費用は大体 2,000円から 20,000円で、この費用に関してはかなり幅があります。




最後に

エモーションでは、より多くの方に、カーオーディオの楽しみを知っていただき、充実したカーライフを送っていただきたいと考えております。
その為には、少しでも安い価格で、より効果的なスピーカー交換から試していただくことが最良なのではないかと考え、日々研究を重ねています。
その所為か、何かと手が込み過ぎておりますが、価格は限界まで抑えております。
それでも、音質はどこよりも素晴らしいものをご提供できる自信がございます。
更に、お取組みしやすくした BIGINNING シリーズも導入いたしました。
今後とも、カーオーディオプロショップエモーションに、どうかご期待ください。



TEL 092-939-0789