HOME > キャンペーン

スピーカー交換プランのご紹介

エモーションが御提案する
”え!スピーカーを変えただけで、なんでこんなに音が良くなるの!”
と驚いていただける特別価格セットのご案内。


新しくなったスピーカー交換プランは、シリーズも増えて選びやすくなっております。
また新技術も導入し、ますます高音質に!

スピーカーを交換するだけで、飛躍的に音を良くするためにはどうしたらよいか。
そのノウハウを全てお教えします。

ナビゲーションやCDデッキが付いているお車にお乗りの方、スピーカーはそのままですか?
車を買った時に初めから付いてくる純正のスピーカーは聴くに堪えないほど悪い品質の物ばかり。スピーカーを変えて良い音を楽しみましょう。



スピーカーを高音質な市販品に交換。
同じ価格ならどのスピーカーも音が一緒と言うわけではありません。

良い音のポイントは価格を超えた良い音のスピーカーを探し出すことから!

スピーカーの価値観は様々、先ずはこれを前提に考えないといけません。高音が好きな人、低音が好きな人、女性ボーカルを色っぽく聴きたい人など、好みは人それぞれでしょう。
しかし情報量が多い少ないとか、バランスが良い悪い、或いは解像度が高い低いなどと言ったことは、音質に関わる部分であり、それに関しては誰だって良い方がいいに決まっている訳です。
AMラジオの方がFMラジオよりも音がいいと言う人はいないでしょう。
従ってスピーカーの選び方で最も大切な心構えは、“音質と好みは分けて考える”と言うことです。
しかし価格によってスピーカーの作りや音質は異なります。
そこで、スピーカーを価格帯別に分け、当然、より高価なものほど高いハードルを設け、徹底した試聴を繰り返し、今その価格帯でベストなスピーカーはどれだというコンセプトの元、最高のスピーカーを探す旅が始まります。
無論、聴く人の好みも考慮して、音質の高いスピーカーであっても、音色の違うものを数種類選び出さなければなりません。
同ブランドであっても天地ほどの差があることもあります。
あまりたくさん試聴しても我々の体が持たないので、3万円前後のスピーカーと、6万円前後のスピーカーと言う2カテゴリーから選んでいきます。

日夜、試聴に次ぐ試聴!

さぁ、またエモーションの徹夜の日々が始まります。
メーカーさんに頭を下げて試聴機を貸していただき、連日試聴に次ぐ試聴。
だめだったらメーカーさんに頭を下げてお返しし、貸していただけない場合は自費で購入してテスト。ダメなら格安販売するという、苦闘(楽しい作業)の日々を続けます。
その甲斐あって、いくつかの音の良いスピーカーを選び出すことが出来ました。もちろんこれは、今後も続けてまいりますので、そのラインナップは増えて行くことでしょう。
実際に昨年までのラインナップよりも、試聴結果の良いスピーカーが増えました。
エモーションが選び出したスピーカーは、好みの異なる数人の人間で試聴し、これは価格を超えた音質を持つと判断されたスピーカーです。従って本当に音の良いスピーカーであると断言できます。
中には雑誌やインターネットでの評価が低い物も含まれているかもしれません。このラインナップを見てあれ?とお考えになる方もいらっしゃるでしょう。しかし百聞は一見に如かず、いや、百聞は一聴に如かず、です。ご自身の耳でご確認されてみてください。
雑誌やインターネットの評価が全てではありません。寧ろ好みと利害の異なる数人のエキスパートが聞いて、最大公約数的に「良い」と判断する製品こそ、本当に音に良いものだと考えます。
そうやって選び出した価格を超える音質を持ついくつかのスピーカー、ただしそれを取り付けるだけでは駄目です。
音を良くするための工事、例えばデッドニング(ドア防振)、バッフル、ケーブル交換などは当たり前です。
エモーションがやるのです。それ以上の音にしなくては・・・・・・





徹底解説!エモーションが視聴とテストで選び出した本当に音の良いスピーカーたち、その1
MOD,1用 3万円〜4万円編

3万円台のスピーカーの中で、飛びぬけて音の良いものを選び出しました。
世界経済が低迷している影響で、これまでハイエンド級しか作って来なかったメーカーであっても、この価格帯のスピーカーを作るようになっています。ただし有名メーカーであっても必ずしもよい音が作れるとは限らないのが低価格の難しい所なのでしょう。音質を落とさずにコストダウンするテクニックや、音に関係の無い部分には見栄を張らずに安く作る思い切りの良さなどが要求されるのだと思います。

カロッツェリア TS-C1720A
2013年5月にフルモデルチェンジを実施したカロッツェリアCシリーズ。このスピーカーは現在この価格帯ではダントツ!ハイスピード・高解像度というパイオニアの音作りコンセプトはしっかりと踏襲しながら、音の厚みと余韻を響かせ、リアルさだけではない、音楽の感動を伝えるレベルに達しています。
モレル MAXIMO 6
ホーム用HIFIスピーカーの世界では一流ブランドとしての地位を確立しているモレル。かつては高価なスピーカーしか存在しなかったが、昨今では低価格スピーカーにも力が入っている。このMAXIMO6は正にモレルが求める世界、即ち”豊かな音場と臨場感”を低価格で実現した傑作と言えるでしょう。
ヘリックス E62C
ヘリックスの特徴は、どんな音楽ジャンルでもならしてしまうところ、不得意科目の無い優等生。
耳に付く嫌な音やどこか抜けたような感じは全く無く、また小さな音量でもしっかりと聞き取れるところが魅力。音の厚みや余韻もあり、ボーカルがセクシーに聞こえるスピーカー。
フォーカル PS165
フォーカルは本来、聴きやすさとバランスの良さが魅力のスピーカー。でもこのPS165は何かが違います。今までのフォーカルに無かった魅力、”鳴りっぷりの良さ”が違うのだ。これまでのフォーカルのコンセプトであるチャーミングなボーカルを活かしながら、R & Bやロックをグイグイ鳴らしてくれます。




徹底解説!エモーションが視聴とテストで選び出した本当に音の良いスピーカーたち、その2
MOD,2用 6万円前後編

この価格帯は良し悪しの差が非常に激しく、中には“1万円でも買う気がしないぞ”と思えるような駄作も確かにありました。
しかし中には、“値段付け間違えたんじゃないの、本当は10万円でも良いのでは?”と思える秀作もたくさんあり、選んでいて最も楽しかったクラスです。
ご紹介しているスピーカーの差は、お客様個人の好みの差で選んでいただいて良い秀作ばかりです。

カロッツェリア TS-V172A
2013年5月にフルモデルチェンジしたVシリーズ、これは本当にすごい。音が出た瞬間、鳥肌が立った。
これまでのVシリーズも優秀だったが、モデルチェンジでここまで良くなるとは思ってもみなかった。
10万円クラスのスピーカーであっても、その地位を揺るがしかねない魅力を持っています。
ウェーブコア エモーションチューン
新たに発見したブランドWAVECOR、日本ではほぼ知られていませんが、これをベースにエモーションにてチューニングを行いました。その結果、エモーションでは税別58,000円で提供していますが、10万円クラスにも匹敵する音質を発揮!特に低音の伸びが素晴らしく、厚みのある、臨場感豊かな音質を持ちます。
アルパイン DLX-F17S
アルパインの名作 DDLinearスピーカーシリーズの国産車ジャストフィットタイプ。
音は非常にリアル、しかも厚みと奥行き感の表現が巧み。非常に歪感の少ない音がする。
J-POP、R&Bなどがお好きな人にはたまらない音でしょう。
ダイアトーン DS-G20
ボーカルはリアルにぐいぐい迫ってくる。楽器は明らかにボーカルの後ろに存在し、明瞭な音場を作る。
今まさに、この価格帯でカロッツェリアTS-V172Aと双璧をなすスピーカー。両者の違いは好みの違いだと断言しても構わないでしょう。今カーオーディオを買う人は本当に幸せだと思います。
ヘリックス P236
ドイツの名門オーディオフィッシャーのブランド。典型的なヨーロピアントーンで柔らかく美しい音色。
重厚劇的にして深遠なる奥深さを持つ。一度聴いたら離れられないファンが続出中。高い解像度と美しい響きが魅力のスピーカー。パッシブレスがあるのも魅力です。




徹底解説!エモーションが視聴とテストで選び出した本当に音の良いスピーカーたち、その3
プレミアム用 8万円〜9万円編

Premium series

価格帯10万円以下のミドルクラススピーカーを、国産、輸入品問わず、数十種類を比較試聴。約1年かけて選抜した結果、15万円を超えるハイエンドクラスにも十分匹敵するスピーカーを厳選!
どれをお選びいただいても必ずご満足いただけるものだけをご用意しました。
エモーションが選び出したミドルクラススピーカーの逸品、どうぞお試しください。

カロッツェリア TS-Z172PRS
PRSシリーズは、本来パイオニアがヨーロッパ市場を狙って開発したスピーカー、従って豊かな余韻と広い音場表現力を持つ、いわゆるヨーロピアントーンに仕上がっています。それでいてカロッツェリアらしいハイスピード&高解像度によるリアルな音質を兼ね備えた傑作スピーカーです。
女性ボーカルはリアルかつ艶やかに表現し、オーケストラのスケール感も十分。意外とロックにも良く合うでしょう。
イートン RSR-160
新登場の ETON RSR-160、私がこの音に惚れたのは、とにかくフルレンジのようなスムーズさ。通常、解像度を上げると音はクールな方向へ向かうものですが、本機は高い解像度を表現しながら、決して冷たく感じる要素が無く、強いて言うなら、超リアルなウオームトーン。音楽の楽しみを熟知した大人のお客様に是非聞いていただきたいスピーカーです。
フォーカル 165KRX2 J-Active
フォーカルの良さ、それは情報量や解像度等、スピーカーとして必要な要素を十分に持ちつつも、過不足の無い聴きやすさ、バランスの良さに尽きると思います。このスピーカーを付けて「うるさく」聴こえるようなら、間違いなく、取り付けや調整が悪いと断言できるでしょう。ボーカルはチャーミングで美しく響き、オーケストラは余韻まで光っている。美音好きな人にお薦め。




徹底解説!エモーションが視聴とテストで選び出した本当に音の良いスピーカーたち、その4
スーパープレミアム用 10万円〜30万円編

Super Premium series

ミドルクラスよりも少し上の音を求められるお客様も大変多くいらっしゃいます。そこで、10 万円から 15 万円までのスピーカーの中より、厳選したものを選びだすことにしました。
この価格帯ともなると、流石に駄作は少なくなりますが、反面、音の傾向がまるで違うものとなります。つまり個性が強いのですね。じっくりと試聴していただき、本当にご自分の好みに合ったスピーカーをお選びいただきたいと思います。

ディナウディオ MD-102+MW-162
デビュー以来、ほとんどモデルチェンジ無しにロングセラーを続ける、ディナウディオ、エソティックシリーズ。しかしその音質は全く衰えず、寧ろ時代がこれに追いついた感すらあります。
他のスピーカーでは決して表現できない抑揚感や空間表現力は、無二の音楽性を有し、
クラシックではオーケストラのスケール感を表現し、ハードロックの臨場感まで再現します。
ヘリックス RS801+RS806
ドイツヘリックスのハイエンドスピーカー、やはりこれを避けて通るわけにはいかないと思う。
ドイツらしい、手を抜かない質実剛健な作りから発せられる音は、誰の心にもビビッと来るものがあるはず。高い透明感、スケール感、解像度、音楽性、本当に素敵なスピーカーです。
ダイアトーン DS-G500
ダイアトーンのミドルクラススピーカーですが、解像度、情報量などのオーディオ性能は、ハイエンドの中に入れても決して見劣りしない。これよりも劣る20万円超級も多く存在しそう。
音質は極めてナチュラル。またデジタルプロセッサーの調整との相性が良く、お客様の好みに合わせて様々な音に変化させることが出来るのも本機の特徴です。国産品。
カロッツェリア TS-Z1000RS
本機はハイエンドに属する価格帯の物であり、これまでスピーカー交換プランのラインナップに入れることをあえて避けてきました。しかしより多くのお客様に、本機の素晴らしいパフォーマンスを味わっていただきたく、今回より、スピーカー交換プランに採用。
音質は、ハイスピード&高解像度。スピーカー交換プランの他のラインナップからは完全に一線を画す、超越的高音質が堪能できます。
また本機の特徴として、ハイエンドスピーカーでありながら、内蔵アンプでもその魅力を存分に発揮するところにあります。例えナビに繋いでも、落胆されることはまずないでしょう。それが数多あるハイエンドスピーカーの中から本機を選んだ理由でもあります。




徹底解説!エモーションが視聴とテストで選び出した本当に音の良いスピーカーたち
番外編

スピーカー選びを行っていて、ふと気付いた事があります。
“25,000円以下の2ウエイスピーカーには聴くべきものがほとんどない”と同時に、 “もしかしたら、基準が高すぎるのではないだろうか。もう少し選択基準を下げたら、25,000円以下でも、良いスピーカーと言える物があるのではないだろうか。” と考え、6万円台のスピーカーの、選にもれた物に匹敵するレベルなら由とする基準でもう一度探してみたところ、いくつか良いスピーカーが見つかりました。
以下にご紹介するスピーカーは、安くても価格以上にいい音がするスピーカーです。無論、純正スピーカーなどとは比べるべくもありません。“低価格でも良い音を楽しみたい”そんな方に是非使っていただきたい、コストパフォーマンス重視のスピーカーです。

ヘリックス B62C
低価格セパレート2ウエイスピーカーの優等生。バランスの良さによる聴きやすさは突出しており、解像度も価格を越えたレベル。つまり結構リアルな音と言うこと。帯域はやや狭く、高音も低音も伸びきっている感じはしませんが、フルレンジスピーカーのような自然な質感を持っています。
パイオニア TS-D1720C
パイオニアUSモデルのスピーカー、カロッツェリアと言うブランド名は国内だけで使用されている為、パイオニアブランドとなっています。 このスピーカーは、国内でも高評価のPRSシリーズの弟分。PRSと同じ方向性の分厚い低音と豊かな余韻、そして色気のあるボーカルが特徴。





スピーカーを高音質な市販品に交換すればいいって訳じゃありません。
システムデザイン、音響加工、チューニングが伴って、はじめていい音で鳴りだすのがカーオーディオです。
カーオーディオのスピーカー取り付けは、車にオーディオを作り込む行為。

スピーカーの箱は何のためか?

ホームオーディオだとスピーカーは必ずボックスに入っています。(梱包の箱じゃなくて木で出来たボックス)あれは何のためかと言うと、そもそもスピーカーは前から出る音と後ろから出る音の位相が反転しています。判りやすく言うと、コーン型スピーカーは前から出る音と後ろから出る音のプラスとマイナスが逆な訳です。従ってそれらが混ざり合うと、打ち消しあってゼロになってしまいます。まっすぐに進もうとする性質“指向性”が強い高音域はそれほど混ざり合わないのですが、広がろうとする性質が強い低音から中音にかけては容易に混ざり合いキャンセルされる量が多い為、低域に行くほどこの傾向が顕著です。
そこで、前後の音が混ざらないように、“妨げるもの”を用いて前後の音を隔てることにより、スピーカーはまともな音が出せるようになるのです。妨げるものは英語ではバッフル(baffle)と言うことから、この目的で使うものをバッフルボードと呼びます。ところが、より低音になるほど広がろうとする性質が強くなることから、スピーカーの限界低音まで伸ばそうとすると、大変大きなバッフルボードが必要となります。そこで後ろ側を全部囲んでしまえばいいということになります。全部囲む(end of close)ことから、スピーカーのボックスは別名エンクロージャーと呼ばれます。従ってスピーカーは本体であるスピーカーユニットとエンクロージャーが一つになって初めてまともに機能するというわけです。
翻ってカーオーディオでは、スピーカーはボックスに入れられず、ユニットのみで販売されています。つまり不完全な状態と言うわけです。これはカー用スピーカーがドアと言う閉鎖空間をエンクロージャーとして利用するためにボックス無しで売られている訳です。
ところが車のドアは、スピーカーを効果的に鳴らすよう、音響的に考慮された設計ではありません。寧ろ車側の都合のみで設計されているにすぎないと言えます。従って良い音でカーオーディオを聴くためにはドアを音響的に加工する必要があります。






スピーカーをそのまま鳴らしたのでは、前後の音が干渉しキャンセリングを起し、指向性の少ない低音から中低音域が無くなってしまう。






前後の音を妨げる(バッフル)ボードにスピーカーを装着することで、ある程度はキャンセリングを防ぐことはできるが、より低い低音はより広がろうとする為、より大きなバッフルが必要となる。






バッフルを折り曲げて面積を稼いでいるパターン。実はこの方式は、後面開放型と言って、今でもコンサート用スピーカーなどでは良く用いられている方式。






いっそのこと、スピーカーの後ろ側を全部囲んでしまい、後ろ側の音を封じ込めてしまえば、前後の音が混ざりあう事が無い、つまりキャンセリングは発生しない。これがスピーカーの箱、要するにエンクロージャーの始まり。










車の場合、ドアがエンクロージャー(スピーカーボックス)の役割を果たします。しかしホームオーディオのように、吟味された音響素材で作られた箱ではありません。あくまで車のドアとしての機能を満たしているに過ぎず、音響的問題点が多く存在します。
これを音響的により良好なものとする加工が必要です。






エモーションのドア防振(デッドニング)テクニック

車のドアは鉄板です。鉄は固有の共振周波数を持ち、またそれが長く続きます。鉄板を叩くと「バイ~~ン!」という音が長く続くことは容易に想像できると思います。その鉄板はスピーカーから出る音に叩かれて独自の音を出すとお考えください。これを「共振」と言います。鉄板の共振音は音楽をひどく濁らせ、クリアさを失わせ歪感を増やします。リスナーはそれと気付かずに鉄板音交じりのスピーカーの音を「悪い音」として聞いてしまいます。デッドニングは、この鉄板音を排除し、スピーカーの音を混じりけのないクリーンな音にする目的で行います。実際その効果は大きく、低音のみならず、ボーカルやギターの音までクリアで躍動的になります。とここまで書いて「あれ?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。「デッドニングしてみたけど、あんたが言うほど効果なかったよ」と言われる方もいると思います。
ドア防振で大切なことはたくさんありますが、最も大切なことは“根性”です。と言うとあまりにも漠然とし過ぎていますが、要はデッドニング用の防振材は密着度が高ければ高いほど、その効果は高くなるという特徴があり、密着度を上げるためにはまずドア鉄板の油分を徹底的に取り去り、しかる後まるで「塗装したかのごとく」圧着するわけです。それは体力と気力の大変いる作業で、まさしく根性が必要な行為となります。
そのほかにもテクニックはたくさんありますが、デッドニングしてみたが、あまり効果を感じなかったとお考えの方は、ほとんどの場合、この密着度が低い事が原因です。
鉄板の共振音を取ることがその目的ですから、密着度が低いと、当然共振音を十分に排除できず、あまり効果を感じられなくなります。
デッドニングの効果を高めるために、密着度を極限まで高めることが要求されるエモーションのインストーラーたちは、みな徐々に腕が太くなっていきます。

エモーションのドア防振(デッドニング)
エモーションのドア防振は、タイプの異なる2種類の防振材を用いた複合防振です。誰にも真似のできない、驚くべき効果を発揮します。






これが高音質の決定打!エモーションオリジナルパッシブネットワーク

スピーカーに付属のパッシブネットワークは実はあまり質が高くありません。

市販されているスピーカーにはツイーターとミッドバスのセットに加え、パッシブネットワークと言うものが付属されています。これはツイーターに低音が入って壊れないように、またミッドバスに高音が入って音を濁さないように、ツイーターは高音以外をカット、ミッドバスは高音をカットするための機器ですが、実はこれがかなり音質に影響します。
スピーカーユニット自体は素晴らしく高音質に出来ていても、このパッシブネットワークがあまり良くないために、低い評価を与えられているスピーカーが数多くあります。その理由はいくつかありますが、最も代表的なものは、パッシブネットワークはコストダウンの対象となりやすいということが挙げられます。実は結構お金がかかったりするものなのです。かっこ良く作ろうと思えば。
ではかっこ良く作らなければコストがかからないのか、その通りです。
パッシブネットワークにかかる製造コストの大半は、見た目をかっこ良くするということに費やされます。無論それを世間が望むからなのでしょう。パーツ自体は手作りなどの超高級品を除けば、相当な高品質パーツであってもそれ程高くはありません。見た目を気にしなければ、安くても、もの凄く音がいいパッシブネットワークが作れるのです。

スピーカーの音を良くするためにはパッシブのフィルター特性を変える。

パッシブネットワークには、そのフィルターの特性が色々ありますが、大切なことはスピーカーを使うシチュエーションに最もマッチしたフィルター特性に設定するということです。
一般的に市販カーオーディオのスピーカーに付属しているパッシブネットワークは、ホームオーディオのように同一平面上にツイーターとミッドバスを並べた状態で最良の音を出せるように設計されたものが多くを占めます。なぜか!カーオーディオではそんなシチュエーションはあり得ないのに!
その答えは売れるためです。お店のディスプレーにホームオーディオのようなレイアウトで展示した状態で、最も良い音が出るように設計しないと、売れなくなってしまうからです。そういったメーカーさんの事情もいたしかたないことでしょう。
ならば、カーオーディオのスピーカーレイアウト、即ちツイーターをダッシュ上の高い位置に、ミッドバスをドアの純正位置に取り付けた状態で最も良い音となるフィルター特性でパッシブネットワークを作れば、純正パッシブよりも遥かに良い音に出来るのではないか。

見た目を気にしなければ高級パーツを使った音の良いパッシブが安く作れる。フィルター特性を車で使うレイアウトに合わせて設計する。この二つのコンセプトの元に作られたのが、エモーションオリジナルパッシブネットワークです。

エモーションオリジナルパッシブネットワーク(バイワイヤリングタイプ) どうせ見えないところに隠しこむパーツだから外見には拘らず、高級パーツをふんだんに使い、スピーカーを車に乗せた状態での最適なフィルター特性で作られています。
スピーカーの特性に合わせ、5.0kHz 4.0kHz 3.5kHz 2.5kHzの4タイプ。
全て1スピーカーユニットに1個装着するバイワイヤリングタイプ。2WAYの場合ミッドバス用LP型2個、ツイーター用HP型2個の合計4個で1セットです。






スピーカーを変えるならケーブルも引きなおす。しかも良い音のケーブルを!
車に付いているスピーカーケーブルは最悪!変えることが最早常識です。

ケーブルで音が変わる?どのくらい変わるの?誰でも判るレベルなの?

スピーカーを変えると音が良くなることはよく知られた話ですが、ではスピーカーを繋ぐケーブルを変えても音は変わるのでしょうか。「そんなもん、マニアが眉間にしわ寄せて聴きこんで、やっと気持ちだけ変わったって判るレベルでしょ?素人には判らないからそんなもん変えたっていっしょ。」と思われている方も多いと思います。つまり変わるのは判るけど、素人が判別できるレベルじゃないってお考えの方が多いということです。
ところが・・・・
これが誰でもはっきり分かるレベルで違うのです。子供でも分かるくらいの・・・・
例えるのが難しいのですが、3万円のパワーアンプと30万円のパワーアンプは、聴き比べたことが無くても音質はそうとう違うだろうということくらい、誰にでも容易に想像できることだと思います。
では1mで200円のスピーカーケーブルと、2,000円のスピーカーケーブルとではどのくらいの差があるのでしょうか。それは3万円のアンプと30万円のアンプの差と同じくらいの違いはゆうにあると申し上げることが出来ると思います。
しかし一方で、ケーブルの世界は大変怖い世界でもあります。音の悪いケーブルがその価値を遥かに超える高値で売られている事もある世界です。そのほとんどは台湾か中国の同じ工場で作られていて、Aと言うメーカーの500円のケーブルと同じものがBと言うメーカーでは1,000円で売られている事など当たり前です。では良いケーブルを見た目で判断するにはどうしたらよいのでしょう。
一番簡単なのは素材と構造です。
ケーブルは銅線とシースと呼ばれる絶縁被膜から出来ています。このケーブルの材質とシースの構造が最も音に影響します。素材は銅の純度の高さで決まりますが、純度の低い順にTPC、OFC、LCOFC、HIOFC、PCOCCと呼ばれます。これは製造方法の略号で、その純度は99.99%なら9(ナイン)が4個ですので4Nなどと呼ばれ、現在は8Nや9Nが最も高い純度と言われます。最近では純度が高ければ良いと言うわけではないとも言われていますが、高級品にはPCOCC等の高純度品が使われている事が多いようです。シースは硬くしっかりと銅線を包むことで、高音をクリアにし、柔らかく緩く包むことで低音のエネルギー感が上がります。従って簡単に一つの素材で包むのではなく、異なる素材を用いて何重にも包むことで音が良くなります。従ってシースが一重のシングルシースより、複合シースの方が音はいいということになります。
見た目から判断できる品質はこのくらいで、後は聴いてみるまでその正体は判りません。では最初から車に付いている純正ケーブルはどうなのでしょう。これはまさしく普通の銅線です。オーディオ品質のケーブルを使っている純正オーディオは、たとえ超高級車の一番高い純正オプションのオーディオでも聞いたことがありません。シースは全てシングルでしかもとても薄い絶縁ですので、鉄板による磁気の影響をもろに受けてしまいます。純正ケーブルはハッキリ言って使い物になりません。どんなに良いスピーカーを入れても、どれだけその足を引いている事でしょう。これをオーディオ品質のスピーカーケーブルに交換することで確実に音質が向上します。従ってスピーカーを交換するときに、スピーカーケーブルも交換することは必須となります。
ところで、どんなケーブルが安くて音がいいのでしょうか・・・・

高いからと言って安心できない。オーディオケーブルは魔窟!

ケーブルには怪しいものが結構あったりします。1mで5,000円を超える高価なケーブルであっても、シングルシースの物が存在し、「あんたいくら儲かってんの!」と思わず突っ込みたくなる製品がありました。見た目で判る品質は先ほど説明した通りですが、実際の品質と価格が適切かどうかなんて、つまるところ聴いてみるまで分からない訳です。だから聴いてみました。何十種類も・・・・・

エモーションが選んだ、世界一コストパフォーマンスが高いスピーカーケーブル

カー用ホーム用問わず、数十種類にも及ぶトライアルの結果、エモーションが導き出した答えは、コンサートホールやスタジオ、映画館などで最も採用率が高いと言われるカナレ電気の製品でした。
カナレ4S8は複合シース。しかも内部は巻き方向の異なる2種類がペアになった4芯構造で、見た目の品質は合格点を超えます。ただし銅線素材はOFCではありません。では肝心の音質はと言うと、このケーブルはオープン価格なのですが、大体1m350円ほどで売られており、ネットの激安では160円などと言うものも見かけます。そこで最初にカー用の1m500円の物と比較試聴してみましたが、話になりません。4S8が良すぎて勝負にならないのです。そこで1m2,000円ほどのケーブル三種類と比較してみました。この中で4S8よりも明らかに勝っていたと言えるものは1種類だけ。次に1m5,000円ほどの物と比較しましたが、さすがにこれには勝てませんでした。
と言うことは、カナレ4S8は、1m160円~350円ほどで売られているにもかかわらず、2,000円クラスのケーブルに匹敵するか、或いは凌駕するほどの実力を持つということが証明されたのです。これにより、以後エモーションのお勧めするスピーカーケーブルは、低価格からミドルクラスまでは、全てカナレ4S8となったのです。無論、この「スピーカー交換プラン」にもカナレ4S8を採用しております。



スピーカーケーブルの引き方

スピーカーケーブルで絶対にやってはいけないこと、それは途中で繋ぐということです。導体(電気を通す物)は接続することで接続抵抗が生まれ、また異なる素材同士が接触することによる音質への影響は実は非常に大きく、銅線を繋ぐハンダは、その素材により幼稚園児が聴いても判るほどの音質への影響を与えます。従って、ケーブルを引く時は、デッキ(アンプ)からスピーカーまで、繋ぎ目なしで、左右対称に引かなければなりません。ところが車の場合、ドアにスピーカーケーブルを通す工事が大変なため、ついついデッキ裏で純正ケーブルに接続してしまう事があります。エモーションではBIGINNINGプラン以外、必ずドアの中までストレートにスピーカーケーブルを通しています。






リアスピーカーは必要か?

車の中で、はたしてリアスピーカーって要るのでしょうか?もちろん5.1chサラウンドシステムだったら必ず必要です。しかし元々2chしかないCDやDVDをステレオで再生するのに、リアスピーカーは本当に必要なのでしょうか。
もちろん、後部座席に座った人のために、その人がドライバーと同じ音量で聴けるために、リアにもう1セットスピーカーが必要とお考えになる方がおられることも承知しております。
しかしこう考えてみてください。6畳の部屋にオーディオが置いてあったとします。スピーカーの前で聴いている人とスピーカーから離れて聴いている人がいて、離れて聴いている人のためにもう1セットスピーカーが必要ですか?ほとんどの人の答えはNOだと思います。
車の中はまずほとんどの場合6畳の部屋よりも狭く、しかも密閉度は家屋よりも高いのです。つまり音の通りは家屋の部屋よりも良く、少ない音量でも充分に聴こえるはずなのです。 しかしなぜ、後部座席に座った人のためにスピーカーが必要と考える方が多いのでしょうか。
それは音が悪いからです。悪い音の定義の一つに「うるさい」ということがあげられると思います。つまりうるさいオーディオで聴いていると、ついつい無意識のうちに音量を小さくしてしまい、車室内に響き渡る音量まで上げられないという理由が挙げられます。
また、リアスピーカーがあることで、フロントとの位相的干渉により、実は音を悪くしてしまっている事もあるのです。結論を言うと、CDやDVDをステレオで楽しむ際に、リアスピーカーは必要ありません。 では余ったリア出力、これ、どうしようか・・・・・






エモーション独自の画期的高音質構造、バイワイヤリングシステム!
ただスピーカーを交換するだけではない!エモーション独自の画期的システム・・

4ch内蔵アンプを全部フロントスピーカーにぶち込む!

パワーアンプで、同じメーカーの同じシリーズで、50Wの物と100Wの物があった場合、同じ音量であっても音質は必ず100Wの物に軍配が上がります。それは高出力のアンプの方がスピーカーを動かす力に余裕が出るからです。余裕が出る=楽になる=正確に動かせる=音が良くなる。という図式が働くためです(実際には例外も多くあります)。ところでナビゲーションやCDヘッドユニットに内蔵されているアンプは、50W×4という出力の物が多いと思いますが、実はこれにはマジックがあるのです。
内蔵アンプで50Wと言うのは、実はほぼ直流を出力した場合の、いわゆる最大出力であって、交流である音声信号のまま出せる最大値である定格出力だと、本当は約半分の25W×4くらいのものなんです。
ではなぜ50W×4なんて表示をするのでしょうか、その理由は構造上定格出力が表示できないことと、カタログ表示上、W数が高い方が売れるからです。現実にスピーカーに50Wの直流が入力されると、たとえ耐久入力150Wスピーカーであってもマッハの速度でスピーカーが壊れます。つまり内蔵アンプで50W×4なんて非現実的な出力であり、健全な信号の範囲内で出力できる最大はせいぜい25W×4程度の物、つまりそれ程非力なものです。
ではスピーカーをフロントだけにした場合、余ったリア出力をどうするのか、これをフロントのツイーターに入力してやることで、通常なら25W×2ch、つまり左右スピーカーで50Wの入力となるところを、フロントのみに25W×4ch、つまり100Wの定格入力をしたことと同等の意味があります。
音質が向上することは明らかです。
しかもどんなに安物のヘッドユニットであっても、バランスとフェダーコントロールは付いています。つまりツイーターとミッドバスとのバランスを取るコントロール性も向上するというわけです。ましてやもし今お持ちのヘッドユニットにタイムアライメントが付いていたら、ツイーターとミッドバスを独自にコントロール出来、最高の音質とすることが出来るでしょう。しかし内蔵アンプの出力をそのままスピーカーに入力することはできません。ツイーターは高音以外をカットしないと壊れるし、ミッドバスは高音をカットしないと音が濁ります。要するにパッシブネットワークが必要なのです。しかしスピーカーセットに付属のパッシブは1イン2アウト、つまり個別接続が出来ないのです。そこで、ネットワークを個別接続できるバイワイヤリングシステムが必要となるわけです。パッシブネットワークを、スピーカーユニットに個別に装着する方式は、バイワイヤリング方式と呼ばれています。そこに車の特性に合わせて作られたオリジナルのパッシブネットワークを用いることにより、ただスピーカーを交換するだけでは絶対に得られない、また、こだわりの取り付けを行っても充分に達成できない、低価格ナビや純正ナビに於ける、限界音質を引き出すことが出来ます。それがエモーションの提唱する、バイワイヤリングシステムです。

図のように、スピーカーユニット一つ一つにパッシブネットワークを装着することで、ナビゲーションによる各スピーカーの独立調整を可能とします。また全出力をフロントスピーカーに入力することで、その能力の全てをフロントスピーカーに結集させることとなり、例え非力な内蔵アンプであっても、高いパワーを発揮できるようになります。
更に、エモーションオリジナルパッシブネットワークは、バターワースフィルター特性を基本としながらも、定数変更により、ドアにミッドバス、ダッシュ上、若しくはAピラーにツイーターを取り付けた状態で、最も良好となるように設計されております。

バイワイヤリングとすることで、左右ツイーター、左右ミッドバスの全てが、独立してタイムアライメント調整をする事ができるようになります。それにより、ツイーターとミッドバスが完全につながった状態を作ることが可能です。その時、バランスコントロールで助手席側にすべて振ってみると、エアコン吹き出し口付近に、あたかも10cm~12cm位のスピーカーが有ってそこからすべての音が聴こえてくるように感じます。
この状態をポイントソースと呼び、そのシステム、その取り付け状態における、最大の情報量、最大の解像度、最高の音質を奏でる状態です。バイワイヤリングシステムは、ポイントソースの状態とすることを可能にします。






スピーカー交換プランの全てに採用!!!
ただスピーカーを交換するだけではない!エモーション独自の音響加工

新技術!インナーバッフル フローティングマウント

今回のリニューアルより登場!スピーカーの音をよりピュアにさせる新技術!
スピーカーの振動は、皆さんが想像されているよりも遥かに速く、例えば、人の耳で聴こえるちょうど中心の音、1kHz(1000ヘルツ)では、スピーカーのコーン(振動板)が“飛び出し、引っ込み、元に戻る”と言う一連の動きを、1秒間に1000回も行います。
10gにも満たない振動板ですが、流石にそれだけのスピードで動かれると、その加速度は半端じゃありません。振動を容易にフレームに伝え、その振動が、車の鉄板にも伝わり、余計なノイズを出したり、自分が出した信号でスピーカーそのものが振動させられ、エネルギーが半減したりします。
そこで、エモーションでは、車に取り付けるスピーカーの土台、いわゆるインナーバッフルを点接触で取り付けることにより、スピーカーの不用共振を抑え込み、驚くほどの音質向上を実現させました。
名付けて、「フローティングマウント」と言います。

この固定法による音質改善は甚だしく、我々もびっくりしました。
2014年中ごろより、エモーションでは、
スピーカーを交換するすべての車で採用しています。






エモーションお勧め!

スピーカー交換プラン
その全貌




MOD,1

通常価格、89,000円~105,000円を、取り付けその他全て込み、特別価格¥76,100(税別)
よりお安い価格を望まれる方や、5.1chを望まれる方のために、バイワイヤリング無しの場合は¥62,900(税別)

以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます。


お問い合わせ





MOD,2

通常価格、126,000円~157,500円を、取り付けその他全て込み、特別価格¥95,200(税別)
よりお安い価格を望まれる方や、5.1chを望まれる方のために、バイワイヤリング無しの場合は¥85,600(税込)

以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます。


お問い合わせ





Premium seriesプレミアムシリーズ

発表以来、大好評をいただいてまいりましたプレミアムシリーズ。ミドルクラス最高のスピーカーを導入され、それをベースに、デジタルプロセッサーの導入、パワーアンプの装着、サブウーファーの装着など、次々とグレードアップされるお客様が後を絶ちません。お勧めしている2つのスピーカーは、どちらもミッドレンジのラインナップを持ち、将来的に3WAYへのシステムアップも可能です。

通常価格、146,000円~167,500円を、取り付けその他全て込み、特別価格¥120,000(税別)

以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます。


お問い合わせ




Super Premium seriesスーパープレミアムシリーズ

大好評のスピーカー交換プランプレミアム、ただしミドルクラスのスピーカーではご満足いただけず、ミドルクラス上位機種、要するにハイエンドに近いスピーカーを、プレミアムシリーズとの差額変更でお求めになられるお客様も大変多くいらっしゃいます。そこで、ハイエンドに準ずる音質を持つミドルクラススピーカーを厳選し、新たにスーパープレミアムシリーズとして企画いたしました。スーパープレミアムシリーズをご導入され、驚愕の音質を楽しまれたのち、更にこれをベースに、ハイエンドまでのシステムアップをお楽しみください。


お問い合わせ




Super Premium series Special!

少しでも多くの方に、ハイエンドの魅力を味わっていただきたくて・・・・

取り付け費、音響加工費込み ¥320,000(税別)
スピーカー交換プラン・スーパープレミアムに登場!
国産ハイエンドの最高峰・カロッツェリアTS-Z1000RS

カロッツェリアTS-Z1000RSにあこがれを抱かれる方も少なくないと思います。
実際、ハイエンドクラスのスピーカーは、それ以下の価格帯のものと比べ、全く次元の異なった音質を発揮します。その理由は、技術者の想いにあります。
技術者は職人です。ましてやスピーカーは、技術工芸品的要素が強く、技術者は常に、自らの腕を磨くべく精進しています。ところが、マーケティング的観点や市場の動向などにより、価格には制限が加わり、培った技術を思う存分発揮する場が限られています。
ハイエンドなスピーカーは、そんな誇り高き技術者たちの“想い”が結集したものです。最高級のモルトウイスキーのように、個性は強くなりますが、スピーカーの生涯を通じて付き合っていけるだけのものを持っています。このTS-Z1000RSは、カタログ価格280,000円(税別)のものですが、それをエモーションの高音質技術をふんだんに用いた音響加工・取り付けを加え、320,000円(税別)でご提供いたします。これは、そうとう思い切った価格だと思っております。なぜこうまで安くするのか、その理由は・・・・・・
より多くの方に、ハイエンドスピーカーの魅力を味わっていただきたいからです。

ハイエンドスピーカーをナビの内蔵アンプに繋いでも良い音がするのだろうか?

御心配なく、スピーカーの良さと、パワーアンプの良さは、全く異なります。アンプが悪くてもスピーカーが良くなれば間違いなく音は良くなるし、スピーカーがダメでも、アンプが良くなれば音は良くなるものなのです。
要するに、“音質のどこに効くか”が違っているためで、それからすると、世間一般でよく言われる「高価なスピーカーは、それに見合った高価なアンプでないと鳴らせない」と言うのは間違っていることになります。
無論、非力なアンプでは良くならないアンプがるのも事実です。しかしこのカロッツェリアTS-Z1000RSは、非力なアンプでも十分なパフォーマンスを発揮できる高級スピーカーの典型だと言えます。
より上の音質を体験されてみたい方だけ、パワーアンプの追加をお勧めします。



今回のリニューアルより新たに登場!
取り敢えず、今の音が我慢ならないので、スピーカーだけ何とか変えてほしい、
音響加工はお金がたまってからまた・・・・と言う方向けのご提案。

エモーョンのスピーカー交換プランは手が込んでいます。ただ単にスピーカーを交換するだけではなく、スピーカーケーブルの一式引き換えやバイワイヤリングシステム、複合防振(スーパーデッドニング)、更に最近ではバッフルフローティングマウントなど、それでいながら、出来るだけお安く、皆様がお気軽に取り組みやすいよう、価格は限界まで絞り込んだつもりですが、まだそれでも高いとお感じになられるお客様がいらっしゃることも事実です。そこで、そんな方のために、スピーカー交換プランの音響加工のみを後に回し、取り敢えず不快な純正スピーカーの音から逃れたいとお考えのお客様のために、音響加工を限界まで減らしたプラン、“スピーカー交換プラン BIGINNING(ビギニング)!”をご提案します。





通常価格、80,000円~100,000円を、取り付けその他全て込み、特別価格¥70,000(税別)
よりお安い価格を望まれる方や、5.1chを望まれる方のために、バイワイヤリング無しの場合は¥60,000(税別)

以下のスピーカーより、お好きなものをお選びいただけます。

カロッツェリア TS-D1702C
これまではMOD,1の選択スピーカーとなっていましたが、3万円以下のスピーカーで良いものがあまり見つからなかったため、大量仕入れにより原価を落とし、この度、番外編で採用することとなりました。兄貴分のPRSスピーカーはプレミアムシリーズで採用。その直系となる本機は、PRSとよく似た重低音とクリアな高域が特徴です。
ヘリックス blue b62c
3万円以下のスピーカーで、ダントツは何?と聞かれたら、迷わず本機を指すことが出来ます。
これまでご予算の厳しいお客様に、どれだけこれをお勧めしてきたことか。

3万円以下の価格で良い音のスピーカーを探すのはとても困難です。安いスピーカーには必ず音に癖があって不快に感じる事も多いのです。これは音が良いとか悪いとかいう次元ではなく、どんなに音が良くても聴くことが耐えられなくなる音であると言えます。
番外編でご紹介しているスピーカーは、そのような不快な癖が全くありません。
今後システムアップをするご予定のない方で少しでも安く良い音にされたい方。例えば、セカンドカーにもちょっとした良いオーディオを導入されたい方、或は一日中仕事で乗っている営業車に簡単に良い音を積まれたい方などに最適です。

番外編 BIGINNING! ¥40,000(税別)


お問い合わせ






★お好きなスピーカーやこだわりのブランドがあれば、差額交換が可能!

ここで紹介しているスピーカーだけではなく、お気に入りのスピーカーやこだわりのブランドがおありなら、システム価格からの差額だけで変更が可能です。
オーディオは品質だけではなく、“好み”も大切な要素です。エモーションは皆さんの好みを大切にします。

★ご紹介しているスピーカーは、エモーション店内で試聴可能!

スピーカー交換プランでご紹介しているスピーカーの中で、MOD,1、MOD,2、PREMIUM、SUPER PREMIUMの各シリーズに関しては、エモーション店内にて比較試聴が可能です。
お気に入りの音楽ソース(CD、i-pod、USBが再生可能)をたくさんお持ちになり、心行くまで何時間でもご試聴ください。(要予約)

★ツイーターマウントは選べます。

ツイーターマウント、つまりツイーターを取り付ける位置は、以下の所よりお選びいただけます。



これらの取り付け位置であれば、追加料金は頂いておりません。
ただしツイーターの取り付け位置は、音質に非常に大きく影響します。
理想的取り付け位置はAピラーに良好な角度を付けて取り付ける事ですが、その場合はオプションをお選びいただく必要がございます。

スピーカー交換プラン オプション

スピーカー交換プランでは、以下のオプションをご用意させていただいております。 お好みや、お客様のこだわりに応じてお選びくださいませ。

■カロッツェリア メタルインナーバッフル

スピーカー交換プランには、カロッツェリア製インナーバッフルが標準となっていますが、これは同社の“5シリーズ”と言われるもので、一般的なオーディオ素材であるMDF(木材のチップボード)で作られています。
このカロッツェリアには、6シリーズに金属製のインナーバッフルがございます。
これは従来、音響的には不向きと言われていた金属を、共振周波数の異なるいくつかの素材を組み合わせ、内部の響きを相殺することで、金属でありながら“木”のような響きを持ったバッフルです。
金属の持つ「重量」というアドバンテージが活き、スピーカーのフレーム共振を極限まで抑え、尚且つ、金属でありながら木のような温かい響きをまとうことで、従来のメーカー製インナーバッフルには出来なかった音質を発揮できます。

※一部のスピーカーには装着できない場合がございます。

標準小売価格、¥10,500
スピーカー交換プランへの差額交換の場合の追加料金、¥4,500(税別)

■エモーション製 スーパーインナーバッフル

インナーバッフルの性能の極限に挑戦した製品です。
不要共振の除去、フレーム共振を抑える重量、ドア内張りと鉄板の間に、可能な限りの工夫を施し、今考えられるインナーバッフルの究極性能を狙ったものです。
車に合わせ、スピーカーに合わせ、一台一台、手作りで制作されます。
従いまして、施工時間は、スピーカー交換プランの施工時間に1日追加されます。
スーパーインナーバッフルの固定も、フローティングマウントで行われます。

スーパーインナーバッフル 標準小売価格、¥42,000
スピーカー交換プランへの差額交換の場合の追加料金、¥14,500(税別)

■エモーションドア防振 PAC1

スピーカー交換プランの標準となっているドア防振(デッドニング)は、スーパースタンダードと呼んでいるもので、ドア防振の効果を最大限に発揮させつつも、どこまでリーズナブルに出来るかと言う事に挑戦したドア防振です。
然しながら、その一つ上のグレード、PAC1は、これまで最も多くのお客様に支持されており、エモーションのスタンダードとなっているものです。
これに変更されることで、ドアからの不快なノイズはより静まり、よりリアルな音を再現する事が可能となります。

ドア防振PAC1 標準小売価格、¥39,000
スピーカー交換プランへの差額交換の場合の追加料金、¥14,000(税別)

■ツイーターマウント Aピラーワンオフ加工

ツイーターの取り付け位置として、最も理想的なのがAピラーに埋め込む事です。
その理由は以下の通り。

●最も良い角度で取り付け出来る。
下の図はカーオーディオに於ける、理想的なツイーターマウントの図です。

ツイーターマウント Aピラーワンオフ加工
スピーカー交換プランへの追加料金 ¥39,000(税別)

■ツイーターベストアングルマウント

ツイーターAピラーワンオフマウントの製作費が高すぎるとお感じの方、よりリーズナブルな“ベストアングルマウント”をお勧めします。
角度や取り付け位置は、Aピラーワンオフマウントと同じ、つまり音響効果も同じです。
然しながら、Aピラーと一体形成するのではなく、ツイーターを理想的アングルで取り付け出来るようにするブラケットを制作いたします。
Aピラーのデザインは、車種ごとに異なり、またお客様のシートポジションも異なる為、一台一台、手作りで制作されます。

ツイーターベストアングルマウント
スピーカー交換プランへの追加料金 ¥20,000(税別)

■スピーカーケーブルの変更

スピーカー交換プランに採用されているスピーカーケーブルは、カナレ4S8と言うもので、低価格ながら抜群の性能を持つものです。
然しながら、これを超えるスピーカーケーブルに変更することで、更なる音質向上が期待できます。
ケーブルによる音質向上は、思ったよりも大きいものです。
御予算に余裕のある方は是非ご検討ください。

サウンドクオリティ・アイ エクセレントクライオ スピーカーケーブル
スピーカー交換プランで、こちらを選ばれた場合の追加料金 ¥25,000(税別)
非常に芯の太い音がするケーブルです。ボーカルをよりくっきりと浮かび上がらせたい、リズム感のある音を作りたいとお考えの方にお勧めです。

SUPRA(スープラ) Linc2.5 スピーカーケーブル
スピーカー交換プランで、こちらを選ばれた場合の追加料金 ¥28,000(税別)
情報量が豊富で透明感のある音がするケーブルです。よりリアルな音が好き、より高音質を望む。そんな方に最適です。

audiotechnica(オーディオテクニカ) REXAT RX-12 スピーカーケーブル
スピーカー交換プランで、こちらを選ばれた場合の追加料金 ¥30,000(税別)
透明感が高く、適度な余韻を感じさせるケーブルです。また、芯も太く、立体感のある音、奥行き感のある音、目の前にリアルな音響空間を発生させたいというご希望をお持ちの方にお勧めいたします。

エモBLOG 通信販売 アクセス お問い合わせ DM登録・資料請求 トップページ