HOME > キャンペーン
カーオーディオは難しいとお悩みの方々へ捧げる
これさえ選べば、
間違いなく音が良くなる!

シチュエーション別

298,000円システム


〜〜〜〜カーオーディオって難しいですよね。〜〜〜〜

難しすぎますよね。私自身、カーオーディオを販売している身ながら、そう思ってしまいます。

例えば3万円のスピーカーを買っても、それを車で鳴らすためには、3万円では済まない。
インナーバッフル代、ドア防振代、スピーカーケーブル代、取り付け費。エモーションのスピーカー交換プランMOD,1でも、76,100円(税別)となります。

純正のカーオーディオが付いていて、音は鳴っているのだから、オーディオとしての機能は成立しています。でも音が悪くて、楽しく音楽が聴けないので、カーオーディオの音を良くしたい、でもどこからいじったらよいか、何を変えたらよいのか、何を付けたら良いのか、一般的にはすぐには判らないものだと思います。

ですので、エモーションでは、HP上で、出来るだけ多くの情報をご提供し、カーオーディオ選びのお役に立てていただこうと考えております。

しかしながら、「とにかく音が良くなればいい」、「四の五の考えるのも、長い文章を読むのも面倒くさい」とお考えの方々も多くいらっしゃるでしょう。

そこで、

あれこれ悩まずとも、これさえ選んでおけば絶対に良い音になるというカーオーディオシステムを考えました。

しかしながら、車のシチュエーションによっては、選ぶものが変わってきます。

名付けて、

これさえ選んでおけば絶対に良い音がする
シチュエーション別
298,000円システム

今回ばかりは、税込みで表示しています。



カーナビ&スピーカー&サブウーファー、フルシステム
新車を買った!いいナビが欲しかったので、オーディオレスにした!
音が良くなるんだったら、今のナビを変えてもいいかな、
今付いているナビが気に入らない、変えてしまいたい。

という方のための、ナビを中核としたオーディオシステム



〜〜〜〜〜〜ナビはサイバー、2017年 9月モデル〜〜〜〜〜〜
カロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CZ901


・なぜサイバーナビなのか。
カーオーディオで高音質を楽しむ為のナビと言えば、ダイヤトーン・サウンドナビ、プレミアムモデルが最高なのですが、それをベースにオーディオシステムを組めば、298,000円では収まりません。
では、サウンドナビプレミアムの次に音が良いのが、実はサウンドナビのスタンダードモデルではなく、カロッツェリア、サイバーナビ、2017年秋モデルだと思います。
調整機能は、3.4oステップのタイムアライメントに、31バンド左右独立&ユニット独立イコライザー。高音質のためのハイエンド級の調整機能が搭載されています。
低価格で高音質を楽しむ為にはこれしかないナビでしょう。
また、ハイレゾ音源も24bit/192kHzまでネイティブ再生が可能です。


〜〜スピーカーは、5万円ではベストと思われる、モレル・MAXIMO Ultra602〜〜

MOREL MAXIMO Ultra602

・なぜモレルMAXIMO Ultra 602 なのか。
モレル・マキシモウルトラ602の音を初めて聴いたのは、2017年に本機が発売開始されてすぐの事だったと思います。輸入元さんがデモカーを持ってエモーションまで聴かせに来てくれました。とてもシンプルなシステムで、ヘッドユニットは最も古いダイヤトーン・サウンドナビのNR-MZ60PREMI、その内蔵アンプに本機を接続しただけの、本当にシンプルなシステムだったのですが、エモーションスタッフ全員が驚きました。そしてこれは5万円のスピーカーの音ではないと確信しました。
間違いなく、5万円以内のスピーカーでベストの一つだと思います。
しかも内蔵アンプで驚くほどの立体感を出してくれます。(普通、内蔵アンプだと音が平面的になりがちです)これをお客様にご紹介しなくては失礼に当たるとまで感じ、販売開始。
以来、エモーションでも低価格帯では大人気のスピーカーとなりました。
音色はウエット感を伴ったしっとり系ですが、明るく、済んだ音です。それでいてブライトになりすぎることは無く、しっかりと厚みも出しています。非常にバランスの整ったスピーカーと言えるのではないでしょうか。
不得手とする音楽ジャンルもなさそうで、色っぽい女性ボーカルからヘビメタのディストーションギターまで、決して破綻することなく、魅力的に聴かせてくれます。



〜〜〜サブウーファーも入れましょう、人気 NO,1 のパワードサブウーファー〜〜〜〜

カロッツェリア TS-WH500A

・なぜ、TS-WH500Aなのか。
これは、シート下に置くタイプのパワードサブウーファーです。シート下に置くタイプのパワードサブウーファーは、数々のブランドより多数発売されています。
ではなぜこれなのか。
実は小型パワードサブウーファーは、フロントスピーカーをデッドニングやインナーバッフルで強固に取り付けした場合、ほとんど役に立たないからです。
なぜなら、キチンと音響加工されたドアに装着されたミッドバスは、シート下に置くタイプのパワードサブウーファーよりも低い音が出せるからです。これでは、サブウーファーの意味があまり有りませんよね。
このTS-WH500Aは、HVT方式というものを用いており、通常のコーン型スピーカーを用いたものと少し違います。
小型パワードサブウーファーでありながら、間違いなくフロントスピーカーよりも低い音が出せます。つまり、“使える小型パワードサブウーファー”だという事が言えるわけです。
音再生能力のために犠牲になっているのが、音量です。ですから、迫力のある低音がお好きな方は、通常のユニットタイプのサブウーファーにされることをお勧めします。
これの上位機種に、TS-WH1000Aというものがあり、更に低い音まで出ますが、音量はさらに犠牲になっています。



〜〜〜〜これらのユニットを用いたカーオーディオシステム〜〜〜〜

カーオーディオシステム


これを全部含めて、取り付け費込
298,000(税込)にてご提供いたします。
ナビは、ワイドモデルにされても、金額は変わりません。 8インチ以上のナビをご希望の場合は、別途お見積りとなります。この価格に、ナビの取り付けキット、及び、バックカメラの金額、取り付け料は含まれておりません。

歴代最高音質を得たサイバーナビ、この極上の音をぜひ手に入れてください。





純正ナビ、最高音質化システム

好きな車を買ったら、ナビが標準装備だった。
純正ナビ付き特選車を買ってしまった。
今ついているナビの音はいまいち、でも気に入っているので変えたくない。
純正オーディオ、音、悪りぃ〜!

そうお感じの方にお勧めする
デジタルプロセッサーを用いたシステムです。



デジタルプロセッサーは、カーオーディオでは今や欠くべからざる存在です。しかし、純正ナビや低価格な市販ナビには、デジタルプロセッサーのような調整機能は付いておらず、付いていても簡易的な機能に限定されています。

そこで、デジタルプロセッサーの装着とスピーカーの交換に加え、サブウーファーまで付けて、音質を根底から覆そうというご提案です。

実際、驚くほど音質が向上します。雲泥の差と言っても過言ではないでしょう。


〜〜〜〜デジタルプロセッサーはこれ!〜〜〜〜
MATCH(マッチ)PP-62DSP


・なぜ PP-62DSP なのか。
まず比較的小さいことが挙げられます。この大きさなら、どんなに設置スペースが無い車であっても、必ずどこかに収容できます。
35Wのパワーアンプが8チャンネル内蔵されていて、しかも電源利用効率の高いクラスDアンプ。別にパワーアンプを用意せずとも、これにスピーカーを接続すれば。システムが完成します。
調整機能は、HELIXMATCHを含む、オーディオフィッシャー社製のデジタルプロセッサーすべてに共通しているのですが、現在最も細かく調整できるフルスペック機能が搭載されています。調整機能が詳細であるほど、良い音を作れる可能性が広がるからです。


〜〜〜〜スピーカーは、このシステムでも、モレル・MAXIMO Ultra602〜〜〜〜

MOREL MAXIMO Ultra602


・なぜ、このシステムでもMAXIMO Ultra602なのか。
どう考えても、現在の5万円以下のスピーカーでは、これがベストの一つと思われるからです。ベストの一つと表現するのは、まだ私が試聴したことの無いスピーカーの中に、本機と同等か上回る音質を持ったスピーカーがあるかもしれないからです。
本来、エモーションのおすすめの根幹は、“お勧めしない”ことにあります。
音の好みは十人十色、千差万別ですので、お客様に実際に聴き比べていただき、最も好きだと思っていただけるものお選びいただき、それを用いて、最高の音を作るのが私たちの仕事だと考えているからです。私たちがやり易いオーディオ機器ばかりをお勧めしていては、本当にお客様の好みに合った音のカーオーディオを作ることはできないと考えるからです。
しかし、この298,000円システムのコンセプトは、“色々悩まずとも、これさえ選んでおけば間違いない”というシステムをご紹介する所にあります。
故に、エモーションのスタッフ全員が認める、5万円以下のワン・オブ・ザ・ベスト、
モレル・マキシモウルトラ
602をお勧めするものであります。


〜〜〜パワードSWよりも遥かに良く、省スペースなSWはこれだ!〜〜〜
MATCH(マッチ)PP-8EQ
・何故このサブウーファーなのか。
MATCH(マッチ)PP-8EQは、20cmサブウーファーです。これはデジタルプロセッサーのPP-62DSPとカプラオンで接続できる専用タイプです。
デジタルプロセッサーのPP-62DSPは、8チャンネルパワーアンプを内蔵していますが、そのうち、フロントスピーカーへ向けることが出来るのは4チャンネルで、これでフロント2WAYマルチシステムを構築します。
残る4チャンネルのパワーアンプ、これはサブウーファー用です。
1チャンネル当たり、定格35Wの出力ですが、4つの35Wアンプを、PP-8EQの持つ4ボイスコイル(クアッドボイスコイル:恐らく業界初)に全て接続しますので、実質140Wのパワーを入力するのと同じことになります。
PP-8EQ

また、このようにサイズも小さく、しかもサブウーファー面を下向きに設置する構造なので、この上に荷物を載せても全く問題ありません。従って、ラゲッジスペースの占有率も非常に小さなもので済みます。日常、ラゲッジに荷物を積むのに、不自由を感じる事はあまりないでしょう。

サブウーファー接続例

このように、PP-62DSPと、カプラオンで接続できます。
という事は、カプラを外せば、取り外すこともできるという事ですので、よほど大きな荷物や大量の荷物を積むときは、サブウーファーを簡単に取り外すことが可能です。


〜〜〜〜システム図はこんな感じになります。〜〜〜〜

システム図



〜〜〜〜これらのユニットを用いたカーオーディオシステム〜〜〜〜

カーオーディオシステム

これを全部含めて、取り付け費込
298,000(税込)にてご提供いたします。

純正ナビをそのままお使いの状態であっても、充分ご満足いただける音質になります。
エモーションでも、非常に人気のある組み合わせです。





BMW & BMW MINI 専用、絶対高音質システム

BMWは音楽好きが乗ることが多い車。
でも純正オーディオシステムは非常に音が悪い。
しかも標準装備で外せない。
更に純正スピーカーは変則型で一般的なサイズが通用しない。

BMWにお乗りの方で、純正オーディオの音の悪さにお困りの方に捧げる。
絶対的に高音質に出来るシステムです。



〜〜〜〜デジタルプロセッサーはこれ一択〜〜〜〜
MATCH PP-86DSP

・なぜ PP-86DSP なのか
まず、BMWの純正スピーカーシステムから抑えておきましょう。
MINIも含む、現在のBMW系は、フロントの左右シート下に20cmサブウーファー、ドアに10cmミッドレンジ、ドアミラー裏にツイーターという、3ウエイ構成が標準となっています。これは一般的な車のフロントスピーカーの構成である、17cm 2ウエイとは全く異なっています。
もっとも、アウターバッフルを製作したりするなど、大きな加工を施せば、どんなスピーカーでも装着可能なのですが、それは非常に費用の掛かることですので、カーオーディオの音質に大きな価値を感じていらっしゃる方限定となるでしょう。
やはり価格を安くするには、純正のスピーカー位置を活かすほかありません。そうなると、3ウエイ構成が出来るタイプのプロセッサーでなければなりません。

MATCH PP-86DSPは、アンプ内蔵プロセッサーでありながら、55Wもの強力なアンプをチャンネル持ち、それをどのユニットにも振り分けることが出来ます。
従って、BMWのシート下ウーファー、ドアミッドレンジ、ツイーターの全てが、このプロセッサー一台で操作できるという事になります。調整機能もフルスペックですので、間違いなく、良い音に出来ます。

〜〜〜〜BMWには、専用スピーカーよりもこれを!〜〜〜〜
Focal ES 100 K
・なぜ専用モデルではなく、フォーカルES 100 K なのか。
BMWのような、ちょっと普通とは異なる形状のスピーカーを採用したがる車メーカーのために、特にヨーロッパのカーオーディオメーカー各社から、BMW専用スピーカーが発売されています。専用設計ですので、間違いなくジャストフィットするし、手間暇もかからないのですが、世の中、専用設計というものほど、割高なものはありません。
専用設計という事は、BMWにしか装着できないという事です。まぁ無理に加工すればどんな車にでも付きますが、わざわざそうする人はいないでしょう。つまり、BMWオーナー以外は買わないという事です。
という事は、一般的なスピーカーよりも、販売台数は少なくなり、メーカーも大量に生産することが出来ません。従って割高です。専用設計の7万〜8万円くらいのものは、一般的な2万〜3万円くらいのものと同等程度のクオリティでしかないと思っていただいて結構です。故に、専用モデルは割高感が激しいという事になります。
フォーカルES 100 K は、フランス、フォーカル社の製品で、日本での知名度もかなり高いものがあります。しかもこれは何かの車種専用ではありません。従って価格に対する音質は非常に良く、絶対に買い損しないスピーカーです。
音質は、一言で言えば「美音」。癖が全くなく、音楽ジャンルを選ばない、大変優秀なスピーカーです。一般的な10cmモデルですので、BMWに装着する際にはインナーバッフルを作るなどの若干の加工が必要ですが、それでも専用モデルを装着するよりも、遥かに良い音にすることが出来ます。


〜〜〜〜システム図はこんな感じになります。〜〜〜〜

BMW専用ハイクオリティカーオーディオシステム


〜〜〜〜これらのユニットを用いたカーオーディオシステム〜〜〜〜

カーオーディオシステム

これを全部含めて、取り付け費込
298,000(税込)にてご提供いたします。

車の剛性が高く、音響特性の良いBMW。それにこのシステムを搭載すると、非常に質感の高い、感動的な音を手に入れることが出来ます。





クラリオン、フルデジタルサウンドシステム
新しい時代のカーオーディオを試してみたい。
小型軽量で、大出力並みに臨場感溢れるサウンドを体験したい。
今ついているナビを外したくない(外せない)ので、プロセッサーシステムで行きたいが、
他の人と同じようなシステムはいやだ。
凄いオーディオは欲しいが、車の重量を増やしたくない。

こんな方にお勧めです。


〜〜〜〜FDSはワンブランド。デジタルプロセッサーはこれ〜〜〜〜

Clarion Z3

・クラリオン Z3FDS(フルデジタルシステム)とは、
簡単に言えば、デジタルプロセッサーからDAコンバーターを通さず、デジタルのまま出力し、スピーカーでアナログ変換するというもの。
その原理を極々簡単に説明すると、
振動板の前と後ろに、エアガンの機関銃を置いて連射させると想像してください。前のエアガンの連射速度の方が早いと、振動板は後ろに下がります。後ろのエアガンの方が、連射速度が速くなると、振動板は前に出ます。この原理でスピーカーをアナログ音声信号と同じ振幅をさせているとお考えください。
音質は極めて情報量が多く、解像度も高く、細かい音まできっちりと再生します。
また、音離れがすこぶる良いため、スピーカーの存在を感じさせず、奥行き感や広がり感などの音場感がダイナミックに感じられ、定位感もシッカリと出て、フォーカスが明瞭。ボーカルがフロントのセンターで歌っている感じがリアルに出ます。
不思議なのは、このような音離れの良さというのは、通常、駆動力の高いアンプ、同じブランドであれば、より出力W数の大きなアンプに顕著な特徴なのですが、それでいて、小出力アンプのように、聴き疲れしない、癖のない音に仕上がっている点が、一般的なオーディオの概念からは異なっている部分だと思います。

Z3には、ツイーターが付属しています。どの道ワンメイクでしか成立しないオーディオシステムですので、いっそのことミッドバスも全てセットにしてしまった方が良かったのかもと思いますけどね。


〜〜〜スピーカーは、クラリオンZ7しか装着できない。でもこいつは良い!〜〜〜

Clarion Z7
・なぜ Z7 なのか。
これは好みとかいう問題ではなく、クラリオンFDSシステムは、すべて同じクラリオン、FDSシリーズのユニットでなければならないわけです。つまりワンブランドシステムとなります。同然、ドアに装着するミッドバスも、クラリオンFDSシリーズのZ7一択となります。
このクラリオンZ7をスピーカーとして評価することは困難であります。
なぜなら、ワンメイクである以上、デジタルプロセッサーのZ3との組み合わせでしか視聴できず、それはとりもなおさず、クラリオンFDSの音質であるという事になるからです。
FDSの音質の特徴は、Z3のところで書いた通りです。


〜〜〜〜これらのユニットを用いたカーオーディオシステム〜〜〜〜

カーオーディオシステム


これを全部含めて、取り付け費込
298,000(税込)にてご提供いたします。
FDSのスピーカー、Z7は、奥行きが76oありますので、インナーバッフルでは装着できない車種もあります。ご注意ください。

非常にクリアかつアキュレートなサウンド、息をのむリアルさをお求めの方にはお勧めです。





栄光のP01、ヘッドユニットオーディオシステム

「道は覚えるもの!ナビなどいらん!」というストイックな方。
ナビはスマホやタブレット、或はポータブルで十分、と言う方。
シンプルなヘッドユニットで簡潔に良い音を楽しみたい。
やっぱナビよりヘッドユニットの方がカッコイイよね。

そんな方にお勧めします。


〜〜〜今や絶滅危惧種?高音質ヘッドユニットのカロッツェリアDEH-P01〜〜〜
carrozzeria DEH-P01

DEH-P01はレジェンド
これは2009年の6月に発売された機器ですが、今でも現役、当面モデルチェンジの予定はないそうです。
昔はカーオーディオをはじめるにあたっては、まずヘッドユニットを何にするかから悩んだものです。それがいつの間にか、DINスペースをナビに占領されるようになり、そのナビも多くは標準装備化の道をたどっています。そんな時代の変化の流れの中にあって、ヘッドユニットの命運は風前の灯火、“今や絶滅危惧種か”と言われるような状況を迎えつつあります。
現に、1DINサイズのヘッドユニットを生産しているのは、カロッツェリアとアルパインだけ、しかも高音質機を生産しているのはカロッツェリアだけという状況です。
では、ヘッドユニットではだめなのか。それは全く違います。ナビが要らないとお考えの方には、寧ろ1DINヘッドユニットをお勧めします。
ナビにより発せられる電波の影響を受けないし、音響回路だけでスペースを占めることが出来るし、何よりも開発費を音質に徹底的に向けられる。
という事で、DEH-P01には、末永く、生き残っていただきたいものです。
詳しくは、エモーションHPの、DEH-P01レポートをご参照ください。


〜〜〜スピーカーは、ミドルクラスとハイエンドの中間くらいで行きましょう!〜〜〜

DIATONE DS-G500L

・ダイヤトーンの傑作スピーカー、DS-G500L
「ダイアトーンなのか、ダイヤトーンなのか、」この前、言い争っている方々を見かけました。正解はダイヤトーンです。
三菱電機のマークがダイヤモンドを三つ束ねたものだったため、この名前が付いたのだそうです。その音質は、レスポンスに優れ、中域が前に出て、ボーカルの明瞭度が高く、非常にリアル。更に、通常はレスポンスの良さと相反することの多い、音の厚みや余韻の豊かさなども、しっかりと再生する、バランスのとれた優秀機です。
もはやハイエンドと呼んでも差し支えないほどの音質を発揮し、それでいて価格はミドルクラス程度。人気が出るのも頷けます。


〜〜〜〜これらのユニットを用いたカーオーディオシステム〜〜〜〜
カーオーディオシステム

これを全部含めて、取り付け費込
298,000(税込)にてご提供いたします。

音質は非常に上質。間違いなく、驚いていただけるレベルです。





298,000円の予算があれば、絶対に満足できるカーオーディオシステムが手に入る。

皆さんのご予算は様々でしょう。10万円以下の方から、途方もない金額の方までおられると思います。エモーションは、基本的にお客様のご予算最優先という方針を取っておりますので、無理な売込みや高いものばかりをお勧めするようなことは致しません。

意外に思われるかもしれませんが、エモーションは専門店でありながら、4万〜5万円のご予算のお客様でも、普通にお受けすることがよくあります。
そのくらいのご予算では流石にユニットの交換というわけにはまいりませんが、お客様のカーオーディオの現状を確認し、それを大幅に音質向上させるには何が適切かを考え、ご予算内で実施することで、カーオーディオとしては比較的少ない金額であっても、確実に音質を向上させることが出来ます。
コンシェルジェという言葉を軽々しく用いるのは好きではありませんが、やっていることはコンシェルジェ的なものだろうと思います。

10万円前後のご予算であれば、スピーカー交換プランから始めるという形になるでしょう。
しかし、タイムアライメントの付いた市販ナビをお使いのお客様と、純正ナビをお使いのお客様とでは、その差が大きく出てしまいます。
タイムアライメントのようなデジタルプロセッシング機能は、昨今の市販ナビであれば、格安なものでも入っている場合が多いです。ところが純正ナビには入っていません。一部の高級車で似たような機能が入っているものもありますが、的を外した音質の邪魔にしかならない機能でしかありません。デジタルプロセッシング機能は、例え簡易的なものであっても、付いている場合と付いていない場合とでは大きな差を生みます。

15万円以上のご予算がある方でしたら、デジタルプロセッサーの装着が可能です。
カーオーディオの音質は、デジタルプロセッサーの登場により飛躍的に向上しました。しかも昨今のデジタルプロセッサーは大変性能が良く、例え低音質な純正ナビであっても、それに装着することで音質を飛躍的に向上させることが出来ます。
ところがスピーカーが純正のままであっては、デジタルプロセッサーの高い音響性能に付いて行けません。一部でそこそこ良い音質の純正スピーカーもありますが、それでも市販品の3万円台の物にすら負けています。

では、“お客様が絶対に満足いただけるご予算は、いったいどのくらいになるのだろうか。”
それが、私たちエモーションがこの企画を考えたきっかけでした。
そこで行きついたのが298,000円だったのです。
車の状況は様々です。オーディオレスが選べる車種もあれば、ナビが純正標準装備しかない車種もあり、異形のスピーカーしか付かない車種もあります。
また、お客様のカーライフのスタイルも様々でしょう。
そこで、シチュエーション別に298,000円で絶対にご満足いただけるシステムのご提案をしようという考えに至ったわけです。

冒頭でもご説明しましたが、色々考えるのが面倒くさい、一気に満足する音質に至りたい。でも予算が潤沢にあるわけではない。
そういった方に、一発でご満足いただけるであろう、最低金額が298,000円という事になります。
「これだ!」と思われた方は、是非ご相談ください。



TEL 092-939-0789